おせちの残りで手まり寿司

おせちの残りで手まり寿司
少しずつ残ってしまったおせち料理も、「すし太郎」を混ぜたご飯とキュッと丸めれば、素敵な手まり寿司に早変わり!

材料 (2人分(15個前後))

おせち(筑前煮、なます、出し巻き玉子、かまぼこ、かずのこ・・・好みのもの)
適量
永谷園 「すし太郎 黒酢入り 」
1袋(すし太郎は2袋入りです)
温かいご飯
1.5合

1

上にのせるネタは、大きいものは1口大に切っておく。厚みがあるものもご飯に馴染む様に薄くスライスする。

2

写真

温かいご飯にすし太郎を混ぜる。

3

写真

ラップの中心に具を置き、酢飯をのせて、ギュっと茶巾絞りにする。ご飯の目安量は40gほど(お好みで)。

コツ・ポイント

・酢飯を丸めて、後でネタをのせてもらってもいいです。
・汁っぽい煮物などは、汁気を軽くとって下さい。
・今回は手軽に「すし太郎」を使用しました。ない場合は酢飯に「みじん切りしょうが」「いりごま」を混ぜてもらったものを使っても美味!

このレシピの生い立ち

高知県伝統の野菜寿司。前に物産展で買って食べて、素朴、でも丁寧に作られた美味しさに感動!そこからイメージをいただきました。
レシピID : 967953 公開日 : 09/11/19 更新日 : 09/12/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」