すぽんじぃ?しふぉんっ??パプリカパン…

オーブンだって温度管理も焼き管理もしっかりしないと失敗するけど…オーブンより全然低温だけどじっくり焼けば失敗なし!

材料 (5.5号炊き、4人)

パプリカ(赤)=1/2
スゴイダイズ=1パック(125ml)
砂糖(三温糖)=50g
薄力粉=100g
卵=5~6個
マーガリン=少々

1

薄力粉・砂糖を計量し、ステンレスボールにタマゴを白身と黄身に別け冷蔵庫に保管する。Lサイズ=5個 Sサイズ=6個とす。
パプリカ(赤)1/2個をみじん切りにし、スゴイダイズ1パックとジューサーにかける。

2

黄身ボールに三温糖を2/3入れ、白くなるまでかき回し、スゴイダイズ+パプリカの液を加えてよく混ぜる。
そこに薄力粉を振るいながらいれ馴染ませる様にかき回す。
※膨らみが心配ならベーキングパウダーを10g入れる。(入れなくても平気)

3

黄身ボールを冷蔵庫で休ませている間に、炊飯器のうち釜にマーガリンを少量塗りたくっておき、白身ボールに残りの1/3の砂糖を加え、メレンゲする。

4

メレンゲに角が立ち始めたら、ゴルフボール大づつ4回黄身ボウルに入れさっくり混ぜて馴染ませ、残りのメレンゲを泡を壊さないように一気に混ぜる。
※(炊飯器の内釜の中で混ぜてもよい)

5

混ざった生地を炊飯器に入れ白米or無洗米モードで普通に炊く。炊き上がり時間間際で、パプリカの蒸れる匂いがあるかどうかだけ注意すること。
炊き上がり後も蓋は開けず、30分放置する。放置後、一度竹串で焼き具合をチェック。

6

焼けていたら電源を切り、内釜毎取り出しザルにひっくり返して置く。
※マーガリンが塗ってあるのですぐ分離して下に落ちる。暫らく釜つきで…後に釜を取って荒熱と水分を適度に飛ばす。クリームソースなどつけて食べよう。

7

注:炊飯器は米に給水して100度まで加熱後70~80度保温、蒸らす行程をしてくれる。つまりはケーキ類を焼くには全然温度が足りない。まぁ小麦等には火が通ってるので、後は水分をいかに飛ばすか?と考えて焼く方がいい。むやみに再加熱は禁物。

8

マイコン内臓だと米の水分量をチェックする機能があるが、それはケーキ用に対応するものではないので、炊飯器により計測不能で焼けない物もある。初めて焼く場合は何度か再加熱しても良いが、炊飯器を傷めるだけという事を知っておこう。
保温時間が長けりゃ水分は飛ぶ。

9

ちなみにメーカーでは再加熱1回程度は予測している。(普通に炊いて、時々炊き込み等でめっこができる事もあるのは予想済み)連続加熱は事故の可能性(タコ足配線から加熱で火が出る)を警鐘している。 

コツ・ポイント

始めちょろちょろ~♪中パッパ♪♪ってきちんと覚えてるかな?炊飯器はそれにのっとって米への給水100度までの加熱。蒸らしで70度前後の保温…等で1時間程度。オーブンだと170度で30分程度。これで焼くんだから多少気長にね。甘くなくてスゴイダイズ一個使いきり分量で書いてあるから自分で加減してくりゃれ、結構な分量出来上がるぞ

このレシピの生い立ち

オーブンレンジの前でぼーぉ~と、焼き加減待つのがめんどかったんだ…そんなことやってたら「舎弟」に襲われるしね
それに、ケーキのようにg数しっかり守るとバター使いすぎ、甘すぎ、タマゴは黄身があまる…そういうの不経済ぢゃん :・(`▽´)・: ケケケ
レシピID : 96897 公開日 : 03/06/16 更新日 : 03/06/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile くろまい 2008年09月07日 10:32
7.8.9のような補足説明をしてあるレシピはほぼないですね。このようなことをふまえて炊飯器ケーキ作りをする方は少ないのではないだろうか…参考になります。ありがとうございます。