かぶの葉中華風味

かぶの葉中華風味
かぶの実というか、根というか白い部分は、漬物、みそ汁の具、酢のものなど容易に作れるが、葉っぱの新鮮で、黄色くなっていないかぶを見たら、まずはさておき、葉っぱの料理にかかるべし。

材料 (X人分)

かぶ
1把単位でつくると豪快
登板じゃ(またはとうがらしまたはラー油)
適量
しょうゆ
適量
適量
とりがらだし(または中華だし)
適量
少し

1

葉を5CMくらいに切る。
それを、中華鍋で強火でいためる。
油は、葉っぱが食べてしまうので少し多めに。

2

少し水分がにじんできたら、少し火を弱め、調味料を入れてかきまぜ、10くらい数えたら火を止める。

3

コツ・ポイント

だいこんの葉と同じ要領だが、かぶの方が水分が多く柔らかいので、いため方はだいこんより短くて良い。
味付けは、和風、中華風、イタリアン風など適当に。ここでは中華風にしている。

このレシピの生い立ち

1週間に1回だけ来る、トラック八百屋。
おいしそうな、新鮮なかぶを見たら、葉がしおれる前に料理しないととなる。
「おばんざい」として、これをつくっておくと、昼食など簡単になる。
レシピID : 97375 公開日 : 03/06/19 更新日 : 04/06/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」