クックパッド編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報

2月に買い物をすると“得する”って本当なの?

08fd26cbd4ef9108414f291a66af91b2

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「WEB上お金の賢い貯め方・使い方レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。

2月のセールは破格の安さが期待できる!?

寒い日が続いていますが、寒いからこそ買い物へ行くとお得に出会えるかも知れません。
その理由は、「冬物一掃セール」や「在庫処分」「決算セール」といったセールが多くなるからです。そんなセールはいつでもやっているでしょ?と思われるかも知れませんが、この時期は別格だと思っても良さそうです。

安くなる理由は3つある

決算期が近いから

1つめは、多くのスーパーやドラッグストア、家電量販店といった小売業は2月3月に決算を迎えるところが多く、決算書の見栄えを良くするために、在庫を減らして現金を増やすようにセールを行います。
そして在庫が多くあるものを安く売るため、普段のセールよりも安く買えることがあります。

売上が落ち込む時期だから

2つめは、2月は年末年始でお金を使い過ぎた人たちは買い物を抑えがち。更に気温が低く、雪が降るなど天候が悪いと外出を避ける傾向にあります。そのため店の客足が伸ず、売上が落ちる時期でもあるのです。

2月は日数が少ないから

3つめは、2月は28日もしくは29日で終わります。今年の2月は29日までですが、普段の1カ月に比べると、1日2日少なくなりますので、月間目標を掲げている企業は売上を達成させるために顧客からの値引き交渉に応じやすい月であるとも言えます。

もし仮に、この4月に消費税増税が決まっているのであれば、駆け込み需要も期待できますが、2016年の4月に消費税増税とはなりませんので、この2月3月は大幅な値下げが期待でき、買い物に狙い目の時期であるということが言えるのです。

必要なものを安く買うのが鉄則!

いくら安いとは言え、不要なものや必要以上にたくさんの量を買い込む必要はありません。買えばそれだけお金を遣うことになるので、必要なものを必要な分だけ買いましょう。

また、衣類の冬物セールは値引率が高いものほど売れ残りであるということも念頭に置いて、「これがもし定価で売っていても買っていたか?」よく考えてから購入を決めるようにしましょう。

まとめ

「安いからまたは半額だから買い!」ではなく、「必要なものが安くなっているから買う」と考えて買い物するのが無駄を防ぐお金の使い方。セールを賢く利用して、欲しかったものをお得にゲットしましょう。


取材協力

丸山晴美さん

85f546e6f116a4af1be6658103cac5de 旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。 公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>

 

クックパッド編集部

「節約・マネー」 アクセスランキング (毎日6:00更新)