赤唐辛子についての料理の基本

  • 鷹の爪とは
    「赤唐辛子」とも呼ばれ、料理に辛味を加えるスパイスです。長さ5〜7cm、幅1cmほどの鮮やかな赤色の実が、乾燥した状態で市販...
  • 鷹の爪(赤唐辛子)の使い方
    調理の最初に油とともに加熱し、辛味を十分に引き出します。細かく刻んだり、種とワタを取り除いたりすることで、辛味を調整すること...
  • 万願寺とうがらしとは
    肉厚で柔らかく、ジャンボピーマンのような甘さと特有の風味がある京野菜。京都府舞鶴市が発祥地で、「万願寺(まんがんじ)」「万願...
  • 万願寺とうがらしの保存方法
    乾燥しないようにビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。低温の場所に長時間入れておくと傷みやすく、栄養価も落ちてし...
  • 甘長とうがらし(伏見とうがらし)とは
    辛味のない、独特な風味のとうがらし。京焼き物、炒め物、佃煮などの煮物に使える夏野菜です。京都特産の甘長とうがらしに「伏見とう...
  • 万願寺とうがらしの選び方
    鮮やかな緑色でツヤがあり、触るとしっかりと硬さがあるものを選びます。万願寺とうがらしは肩の部分にくびれがあるのが特徴で、その...
  • 一味唐辛子がないときの代用
    辛味の違いや粒子の粗さの違いはありますが、粉唐辛子・チリペッパー(レッドペッパー)で代用が可能です。下味や合わせ調味料などに...
料理の基本を検索