クックパッドデータ

クックパッドは、料理に関する研究を促進させるため、レシピに関するデータを研究者に提供しています。現在提供しているデータは次の通りです。

  1. レシピデータ
    クックパッドで2014年9月30日以前に公開されたレシピに関するデータです。レシピのタイトルや概要、手順、つくれぽ(「作りましたフォトレポート」の略)、カテゴリなどのデータが含まれています。
  2. 献立データ
    クックパッドで2014年9月30日以前に公開された献立に関するデータです。献立のタイトルや献立に含まれるレシピ、各レシピが主菜か副菜かといったデータが含まれています。

データは国立情報学研究所の協力のもとで提供しています。データの取得方法については以下の国立情報学研究所のページをご覧ください。

クックパッドデータ提供に関する利用規約(学術機関向け)

第 1 条(本利用規約の適用)

クックパッドデータ提供に関する利用規約(以下「本利用規約」という)は、クックパッド株式会社(以下「当社」という)が保有する第 2 条に定めるデータ(以下「本データ」という)を提供(以下「本サービス」という)するにあたり、本データを利用する者(以下「利用者」という)と当社との間の条件を定めることを目的とし、本データの利用に関する利用者と当社との間の一切の関係に適用されるものとします。

なお、利用者は、本サービスを利用するに際し、当社が別途定める「クックパッド利用規約」(https://cookpad.com/terms/free)第 2 条第 1 項に定める「利用者」として利用するものとし、クックパッド利用規約の定めも適用されることに同意するものとします。クックパッド利用規約と本利用規約の内容に矛盾がある場合には、本利用規約が優先して適用されるものとします。

第 2 条(本データ)
  1. 本サービスにおいて当社が利用者に提供する本データは、当社が運営するクックパッド(フューチャーフォン向けウェブサイトモバれぴ、スマートフォン向けウェブサイト、タブレット向けウェブサイトその他クックパッド株式会社が運営する一切の料理レシピサイトを含む)及びスマートフォン、タブレットその他あらゆるモバイル端末向けアプリケーション(以下これらを総称して「クックパッド」という)に投稿されたレシピ(レシピのタイトル、投稿者のニックネーム、材料及び手順、コツ・ポイント並びにレシピの生い立ち等から構成されるコンテンツ)及び献立(ポイント、調理時間、主な食材及びジャンル等から構成されるコンテンツ)その他のコンテンツのうち、当社が指定するデータの集合体とします。
  2. 本データの提供方法は、当社が別途指定する方法によるものとします。
第 3 条(権利)

本データに関する著作権等の権利は、当社又はレシピ投稿者に帰属するものとします。

第 4 条(利用許諾の範囲)
  1. 利用者は、本データを利用者自身による研究目的(以下「本目的」という)のためにのみ使用することができるものとします。本サービスにおいて本データを利用する者の範囲は、利用申請書記載の研究代表者及び当該研究代表者と同一組織(研究室、グループ、プロジェクト等の名称を問わない)に所属し、直接に共同して研究を行う者(以下「研究グループ」という)とします。
  2. 利用申請書記載の研究代表者、同者の属する組織又は同者の所属に変更の生じた場合は、遅滞なくこれを当社に報告し、必要があれば改めて同意書を提出するものとします。
  3. 利用者は本目的に必要な範囲を超えて本データを複製してはならないものとします。
  4. 利用者は本データを第 5 条に定める研究発表を除き、第 1 項に定める研究グループ以外の者に開示、提供又は漏洩してはならないものとします。利用者が本データを用いて研究するにあたり、第 1 項に定める研究グループ以外で共同して研究する者(以下「共同研究者」という)が本データの使用を希望する場合、当社の事前の書面による承諾なくして利用者は共同研究者に対して本データを開示、提供してはならないものとします。
第 5 条(研究発表)
  1. 利用者は、本データを使用して得た研究の成果(以下「研究成果」という)を発表する場合、発表予定日の 30 日前までに当社に発表内容、日時、場所等を通知するものとし、当該通知後に当該通知内容に変更があった場合は、速やかに当社に連絡するものとします。当社が研究成果を検査した結果、法令違反、第三者の権利侵害等の観点から修正が必要と判断した場合、当社は当該修正事項を利用者に通知し、利用者は可能な限りこれに応じるものとします。ただし、当社は研究成果について検査の義務を負わないものとします。
  2. 利用者は、研究成果の中に、個人が特定できる情報を記述してはならないものとします。
  3. 利用者は、研究成果において、第三者の権利(著作権、商標権その他の知的財産権、名誉、プライバシー、信用等を含むがこれに限られない)を侵害する記述をしてはならないものとします。
  4. 利用者は、研究成果の発表を行う場合、研究成果が当社から提供を受けた本データを分析したものであることを、当社が別途指定する形式により表示をしなければならないものとします。
  5. 当社は、第 1 項の規定に基づき利用者から提供された研究成果について、利用者による発表又は出願公開等による公表が行われるまでの期間、守秘義務を負うものとします。
第 6 条(報告)
  1. 利用者は、当社からの求めがあった場合、いつでも、速やかに本データの使用状況を当社の求める方法で報告するものとします。
  2. 前項の場合において利用者は虚偽の報告をしてはならず、利用者が虚偽の報告をした場合、当社は利用者による本データの利用の中止を求めることができるものとします。利用者が当社又は当社の指定する者からの求めがあったにもかかわらず速やかに本データの使用状況を報告しない場合も同様とします。
第 7 条(研究成果の権利)
  1. 利用者による研究成果にかかる権利は、利用者に帰属するものとします。当社が再研究又は共同研究を希望する場合、利用者及び当社は、その条件について誠実に協議するものとします。
  2. 当社が、利用者に対し、研究成果を優先的に使用できる権利について申し入れを行った場合、協議の上決定し、確認書の取り交わしを行うものとします。
  3. 利用者は、研究成果を商用利用(研究成果を掲載した図書を出版することを除く)せず、また当社以外の第三者をして商用利用させないものとします。
第 8 条(期間)
  1. 本サービスの提供期間は、利用申請日から 1 年間とします。ただし、本サービスの提供期間満了の 1 か月前までに利用者当社双方から解約の意思表示がない場合、さらに自動的に 1 年間延長されるものとし、以後も同様とします。
  2. 当社は、前項に定める本利用規約の有効期間にかかわらず、1 か月以上前の予告により、毎月末日をもって、本利用規約の全部又は一部を解除することができるものとします。
  3. 本サービス提供期間終了後も第 7 条、第 9 条から第 12 条及び第 13 条第 1 項の規定は有効に存続するものとします。
第 9 条(本データの返却等)
  1. 利用者は、当社からのクックパッドデータの差替え等合理的な理由による求めがあった場合、1 か月以内に速やかに本データを当社に返却し、又は自己の責任で消去し、当社の求めに応じて消去を実施した旨を書面にて通知するものとします。また、利用者は、本サービスの提供期間が終了した場合、速やかに本項前文に掲げる行為を行うものとします。
  2. 利用者が本利用規約に違反した場合その他当社が必要と判断した場合、当社は利用者に対して本データの使用の中止を求めることができるものとします。この場合においては前項の規定を適用します。
第 10 条(免責)
  1. 本データは現状有姿で提供されるものであり、当社は本データにエラー、バグ等の瑕疵がないこと、本データにコンピュータウィルス等の有害情報が含まれないこと、及び本データの適法性、完全性、有用性、信頼性、非侵害性及び特定目的への適合性等を含め一切の保証をしないものとします。
  2. 前項のほか、当社は利用者に対し、利用者による本データの使用、研究成果の発表等に起因して利用者が被った損害につき一切責任を負わないものとします。
第 11 条(本利用規約違反等)
  1. 利用者が本利用規約に違反したことによって当社に損害が発生した場合、利用者はその一切(弁護士費用を含む)を賠償しなければならないものとします。
  2. 利用者による第 4 条の本データ利用、第 5 条の研究発表又は本利用規約違反に起因して第三者から問い合わせ、クレーム、紛争等(以下「問い合わせ等」という)が発生した場合、利用者は自らの費用と責任で当該問い合わせ等を解決するものとし、当該問い合わせ等に起因して当社に損害が発生した場合はその一切(弁護士費用を含む)を賠償しなければならないものとします。
第 12 条(譲渡禁止)
  1. 利用者は、当社の事前の書面による承諾なく、本利用規約上の地位ならびに本利用規約から発生する権利義務の全部もしくは一部を第三者に譲渡し、又は担保に供する等の処分行為をしてはならないものとします。
第 13 条(その他)
  1. 本利用規約の準拠法は日本法とし、本利用規約に関して訴訟の必要が生じた場合、訴額に応じて、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。
  2. 本利用規約に規定のない事項又は本利用規約の条項に関して疑義が生じたときは、利用者及び当社は信義誠実の原則に則り、誠意をもって協議し解決するものとします。

 

2015年2月20日
制定