「白っぽくなるまでまぜる」とは

バターや卵を、空気をふくませるようにして混ぜることで、ふんわりとかさが増した状態にすること。焼き菓子作りなどではこの作業をしっかりしておくことで、ケーキであれば生地を焼いたときによくふくらみ、クッキーなどであればさっくりとした軽やかな食感になります。撹拌(かくはん)が不十分だと、生地の焼き上がりが重くなったり、固くなったりします。

バターを白っぽくなるまでまぜる

A1f71f261f45a678a9e446a40bf7fb2d?p=1478579339

卵(卵黄)を白っぽくなるまでまぜる

9d4b39fc0c0a14d468e6edc852dd1d87?p=1499752986 白っぽく、生地がもったりする状態

監修:関岡弘美(料理研究家)