鶏ささみ・鶏胸肉を観音開きにする

身の中央に切り込みを入れ、包丁をねかせてさらに左右に切り込みを入れ、開きます。厚みのある肉を切り開くことで火の通りをよくしたり、中に具を巻き込むような調理をしやすくします。

鶏ささみの観音開き

筋を取る

17db7620dd2bd0df3ebbea904219a6d0?p=1495178130

②筋を除いた部分に、縦に切り目を入れる

肉の厚みの半分程度まで包丁を入れます。

393dc7d0f93aa886aee02d7a603322dc?p=1495178142

③包丁をねかせて切り込みを入れる

厚みをそぐように、手をそえながら包丁を進めます。身が切り離される手前で包丁を止めて、開きます。身を上下逆さにして、反対側も同じように切ります。

A706771b8ffc2416cf9154e9ffe5d69b?p=1495178152

④広げる

左右に扉が開いたような状態になります。

C1239accb0d6ac3bb491307a726e2f90?p=1495178163

鶏胸肉の観音開き

①身の中央部分に縦に切り込みを入れる

厚みの半分ほどの深さを目安に切り込みを入れます。

9f495654252c8efd0056f29ef17bdaf1?p=1495178172

②包丁を寝かせて切り込みを入れる

身の厚みをそぐように切りすすめ、肉が切り離される手前で包丁を止めます。

593fcdf67c6cc747e3db32e7508369c1?p=1495178182

③切り込みを入れたところから肉を開く

3e4d4c78afa3b9ceb95a7d48aae51cf7?p=1495178199

④反対側も同様に切り込みを入れる

身を上下逆にし、③と同じように切り込みを入れて開きます。

Abfd7387b9dd7c7491fb70eca4bcda5f?p=1495178370