鶏ささみ・鶏胸肉を観音開きにする

身の中央に切り込みを入れ、包丁をねかせてさらに左右に切り込みを入れ、開きます。厚みのある肉を切り開くことで火の通りをよくしたり、中に具を巻き込むような調理をしやすくします。

鶏ささみの観音開き

筋を取る

Dc00ae75db425db3096ec3e9556e45fc

②筋を除いた部分に、縦に切り目を入れる

肉の厚みの半分程度まで包丁を入れます。

6c6d31b96978e97486972b7949101266

③包丁をねかせて切り込みを入れる

厚みをそぐように、手をそえながら包丁を進めます。身が切り離される手前で包丁を止めて、開きます。身を上下逆さにして、反対側も同じように切ります。

4db3c515b360bbd20d3b1249c258ba11

④広げる

左右に扉が開いたような状態になります。

E9658ff9b41c8785d1c507dd9e7014ea

鶏胸肉の観音開き

①身の中央部分に縦に切り込みを入れる

厚みの半分ほどの深さを目安に切り込みを入れます。

547f0a04ce38c9657bcc3cd3ec1c4f15

②包丁を寝かせて切り込みを入れる

身の厚みをそぐように切りすすめ、肉が切り離される手前で包丁を止めます。

2cf955c1f94f272b48d752cedf0eb950

③切り込みを入れたところから肉を開く

105d47a9bffd21020d941e807218cbb3

④反対側も同様に切り込みを入れる

身を上下逆にし、③と同じように切り込みを入れて開きます。

A99d5d3bf9abb1dbc5b1f69aab7a9ab4