☆お抹茶のティラミス☆

☆お抹茶のティラミス☆
【2011年4月7日話題入り感謝】日本食レストランでいただいてからすっかり虜に☆レストランに負けない逸品ができました♪

材料 (20cm×20cmのベイキングディッシュ1つ分)

抹茶パウダー(トッピング用は分量外)
大さじ2
熱湯
150ml
マスカルポーネ
275g
レイディーフィンガービスケット
約30本

1

写真

材料はこれだけです。

2

写真

抹茶パウダーを、150mlの熱湯に入れてよくかき混ぜ、抹茶液を作って冷ましておきます(コツ参照)。

3

写真

生クリームをボウルに入れ、グラニュー糖を加えながら角が立つくらいまで泡立てます。

4

写真

③のボウルに、②で作った抹茶液のうちの1/3くらいと、マスカルポーネを加えて、さらに1分ほど泡立てます。

5

写真

残りの抹茶液に、フィンガービスケットを1本ずつドボンと浸しながら、お好きな容器の底面に並べていきます。

6

写真

ビスケットが並んだら、その上に④のクリームの約半量を均一にのばし、さらにもう一段、⑤のようにビスケットを並べます。

7

写真

最後に残りのクリームをすべてビスケットの上に広げ、均一にのばします(ビスケット→クリーム→ビスケット→クリーム)。

8

写真

⑦を冷蔵庫で冷やして、お好きなサイズに切り分け、お皿に盛ったあと茶漉しで抹茶パウダー(分量外)を振りかけていただきます。

コツ・ポイント

スポンジ部分の材料には、フィンガービスケットが水気を吸ったときの食感がほどよいのと、ビスケット自体にお砂糖がまぶしてあり、濃い抹茶との相性が抜群なので、ぜひフィンガービスケットをおすすめします。抹茶液は泡立て器で混ぜるとダマが残りにくいです

このレシピの生い立ち

カナダでは卵を生で食べるのは推奨されないので、卵を使わずに作れて、さらにこちらで売っているマスカルポーネと生クリームのサイズが使いきりで作れる配合にしました。そして、大好きなお抹茶バージョンにしてみました。アルコールも我が家向きに一切抜き。
レシピID : 1016302 公開日 : 10/01/22 更新日 : 12/08/04 English version

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

58 (55人)

17/06/18

写真

カステラで挑戦しました!

ぴーすけatHOME

カステラ!和スイーツ度Upですね♪お試しいただきありがとう!

17/06/15

写真

友人を夕食に招いたときに。ティラミス嫌いの友人も大絶賛!

ゆりリリコ

なんて嬉しいお言葉!緑三昧、かわいくておいしそう☆大感謝!

17/05/08

写真

簡単に美味しくできました!

mihawaiian

お試しいただきありがとう!お口に合ってとっても嬉しいです☆

17/04/15

写真

ドイツのビスケットだと微妙に味に違いがあるのかなぁ⁉️

Tixitita

お~!カナダではイタリアのを使ってますwお試しありがとう!

1 2 3 4 5