パキッとビスコッティ-

明るい時には頭の中をパキッと、日が暮れてからは穏やかモードにしてくれるセロトニン。そのセロトニンが作られるために大切な、トリプトファンというアミノ酸とビタミンB6そして運搬役の炭水化物が豊富な素材を使ったビスコッティ-です。

材料 (25×29の天板2枚分)

オリゴ糖
125cc
1個
小さじ1/4
全粒粉
250㏄のカップ1と1/2
きなこ
大さじ5
バナナ(またはドライフルーツ)
1本(ドライフルーツなら1/4カップ
くるみ(または他のナッツ類)
(250ccの)1/2カップ
小さじ1

1

塩・全粒粉・きなこ・ナッツを混ぜておく。ドライフルーツの場合、ここで混ぜてしまう。
(あっという間に生地ができるので、オーブンを170度にセットしておく)

2

オリゴ糖に卵を加え、よく混ぜ合わせる。(バナナを入れるときは、ここで崩しながらバナナを加える)

3

天板にクッキングシートをひき、なまこ状に生地を流し込む。(細いビスコッティ-にしたいときには、薄く広げる)

4

15分ほどして中まで火が通ったら、1度ケーキクーラーなどに移動して、冷ます。

5

好みの厚さ(私はカリカリが)好きなので8ミリぐらい)にカットする。(このときナッツなども一緒に断面が見えるように丁寧にカットする。冷めないうちにカットするとボロボロになりやすいような気がします。)

6

カットした面を表面にし、200度で5分ほどきつね色になるまで焼く。
注:オーブンによってやき加減が異なります。様子を見ていてあげてください。

コツ・ポイント

2度焼きが特徴のビスコッティ-。出来上がりの形を気にせず作れます。糖分が控えめで腸の調子を整えるオリゴ糖だけを使い、オイルは使用していません。

このレシピの生い立ち

更年期障害から突然うつ病を発病。サプリメントで補う栄養素の助けは借りましたが、食品からは数字では表せないぴちぴちした元気がもらえるような感覚を実感。食欲がない時にでも食事代わりにできて重宝しました。
レシピID : 181439 公開日 : 05/02/06 更新日 : 05/02/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」