銀杏の下準備と保存

銀杏の下準備と保存

Description

冷凍しておくといつでも使えます。

材料

ぎんなん
適量

作り方

1

写真

拾ったぎんなんの、外の身をとり、種を取り出し水洗いします。

2

写真

タネを1~2日外で乾燥させます。

3

写真

殻を割って中を取り出す。

4

写真

取り出せました。

5

写真

水を入れて沸騰させゆでる。
ゆでるときお玉の背で転がすようにして薄皮をとります。
とりきれないときは、手でむく。

6

写真

タッパーに入れて冷蔵庫保存。

7

写真

冷凍するときは、ひろげて冷凍するとババラに凍るのでいいです。

コツ・ポイント

★工程1をする前に・・

ぎんなんを拾った後、すぐに処理できなくて、ナイロン袋に入れてベランダの戸外に2週間くらい放置していました。
そうしたら、拾ってすぐ種を取り出すより、取り出しやすく、ぎんなんのにおいもいくぶん控えめになっていました。

このレシピの生い立ち

ぎんなんを拾ったので作りました。
レシピID : 2892651 公開日 : 14/11/20 更新日 : 14/11/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

2019/11/16

写真

良い色に仕上がり皮も剥けたし冷凍しました。苦労した分、美味しい!

307号室

2018/11/18

写真

ぎんなんの皮が気持ちいい程むけました!最高に気持ちよかったです!

くまっぷ

つくれぽありがとう。作っていただきうれしいです。

2016/11/07

写真

ちょっと割れたの多いですが簡単に薄皮とれました!

オタの奥さん

つくれぽありがとう。作っていただき嬉しい。

2015/01/23

First tsukurepo mark
写真

時間があるときに冷凍しておけば、便利ですね!これで、楽チン♪

zezzy

つくれぽありがとう。 いろいろ楽しんでね。