八方だしの素

八方だしの素
旬の京野菜提供店認定店「和味りん(新宿区)」の芳賀板長から教えていただいた、様々な料理に活用できる「だし調味料」です。

材料 (30人分(お吸い物として))

400ml
400ml
さわら煮干しのだしパック
1袋

1

写真

材料全てを鍋に入れ、沸騰させる。

2

写真

全体が冷めるまで放置し、液漏れしない容器に入れて冷蔵庫で一日置く。

3

7倍希釈を基本とし、水で好みの濃さに薄め、希釈後は一度沸騰させてから使用する。

コツ・ポイント

京都府産のさわらの煮干しのだしパックは、さわらだし由来の甘味により、かつおぶしの出汁パックよりも京野菜の味が引き立ちます。八方だしの素は、冷蔵庫で約1カ月保存することができ、汁物、煮物、お鍋、うどんのつゆなど、様々な料理に活用いただけます。

このレシピの生い立ち

八方だしとは、あらゆる方面(八方)に活用できる万能だしのことです。今回は、芳賀さんがお店の料理教室で紹介しているレシピを紹介いただきました。市販のだしパック1袋で簡単に作ることができる経済的な「八方だしの素」です
レシピID : 5025884 公開日 : 18/04/17 更新日 : 18/06/11

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」