マクロビ*皮も使おう(夏みかん編)

マクロビ*皮も使おう(夏みかん編)

Description

捨ててしまいがちな、夏みかんの皮を食べる時のコツです。

材料

無農薬柑橘類(今回夏みかん)
適宜

作り方

1

みかんをむいた時に出る皮

2

写真

ヘタを取り、その皮を干す。
(今回このままトースター型オーブンの上に置いてみたり、晴れたので天日干ししたりしました。)

3

写真

3日くらいで乾いてくる。

こうすることで、白い内側の部分が薄くなり、苦味がかなり減る。

写真
左→生
右→乾いた

4

写真

それから、細く切って出来上がり。

(小さい普通ミカンでもできたので、レモンでもできるのではないかな?と思っています。)

5

これからお菓子などにいれようと思います。

(苦味が減っているので、甘味料も少なく済むと思います)

コツ・ポイント

*乾かすことで、白い部分が薄くなり苦味が減ります。
*皮を使うので、無農薬のものを使いましょう。
*乾いた時の縮み具合がわからないので、乾かしてから細切りのほうがよいです。
*白いところを削ぐ手間がありません

このレシピの生い立ち

洗剤の代わりに使えるようなことを聞き、
以前、みかんの皮をむいてとっておいてました。
乾いてきた時に何気に少し食べてみたら、生の時の苦味がかなり飛んでいて!
ので、今回
頂きものの夏みかんでもチャレンジ!
同じように苦味も減ってました!
レシピID : 5600582 公開日 : 19/04/13 更新日 : 19/04/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」