佐野特産「佐野そだち菜」かき菜のおひたし

「佐野そだち菜」かき菜の基本レシピ、おひたしです。栄養価が高く、アクが少なく食べ安く、色々なお料理に活躍します。

材料 (かき菜1束分)

かき菜
1束
パスタを茹でる時程度

1

大きなお鍋にたっぷりのお湯を沸かします。

2

水を入れた大きなボールやお鍋をシンクに準備しておきます。(茹で上がりにすばやく水に取れるように準備しておきます。)

3

お鍋のお湯が沸騰したら、パスタをゆでるときぐらいの多めの塩を入れ、かき菜の茎から先にお鍋に入れていきます。

4

かき菜全体を入れてからお湯が再沸騰したら2分程度を目安に茹で具合をチェック(次項参照)します。

5

素手もしくは菜箸で、根元をギュッとつまみ、根元がつぶれたら火を止め、すぐにあらかじめ準備しておいた水に落とします。

6

冷たくなるまで流水で洗い、根元から揃えて絞り(あまりギューギュー固く絞らない)、3~5㎝程度の好みの長さに切り揃えます。

7

※おひたしとしてお醤油や味ぽんなどでも美味しいですが、特に茎部分はマヨネーズをつけたり、サラダに入れても美味しいです。

8

※おひたしの余りは冷凍保存可能です。1回分毎に小分けしておくと便利です。

9

※解凍後はごまよごし・卵とじ・お味噌汁やシチューの具(解凍後仕上げ直前入れる、または直接盛りつける)などに活用できます。

10

【注意】
茎が一番美味しいところですので間違って捨てたりしないでくださいね。

11

【注意】
茎の茹で具合が美味しさを左右しますので、茹ですぎないよう注意してください!

コツ・ポイント

かき菜の茹で上がりの目安は素手もしくは菜箸でギュッとつまんで根元がつぶれたときで、固めなぐらいが美味しいです。茹ですぎるとくちゃくちゃになって美味しくありません。

このレシピの生い立ち

栃木県佐野市特産の「佐野そだち菜」かき菜のレシピの覚え書きです。
かき菜をお裾分けしたお友達のためにレシピをアップしました。
写真は撮影でき次第掲載いたします。
レシピID : 766879 公開日 : 09/03/23 更新日 : 09/03/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/03/16

First tsukurepo mark
写真

かきなたくさんいただいたので(^^)美味しかったです!感謝!

つちのこたろう

作っていただきありがとうございます!とっても美味しそう♪