薄焼き卵・錦糸卵の作り方とコツ

薄焼き卵・錦糸卵をきれいに作るコツは、なめらかな卵液をつくる、フライパンに薄く均一に油をひく、中火で手早く両面を焼く の3点です。きれいな薄焼き卵を作ることで、それをごく細切りにした錦糸卵もきれいに仕上がります。

薄焼き卵の作り方

用意する道具

フライパン(フッ素加工など、くっつかないものがおすすめ)、菜箸、ザルまたはこし器、折りたたんだキッチンペーパーとキッチンペーパーを置いておく器

726df70ff27f27e3d8a12ab7f07885a2

なめらかな卵液を作る

卵はよくといてザルでこすことで、白身と黄身が均一になり、きれいな薄焼き卵を作ることができます。

①卵を菜箸でよくときほぐす

ボウルに卵を割り入れ、よくかき混ぜます。

50439f3560b859dae19ffcba79b7d19c

②といた卵をザルでこす

14c1244d42a6588c920f2a6b71778f17

③塩や水溶き片栗粉を加える(加えなくても可)

塩・砂糖など好みの調味料で味付けする場合はこのタイミングで加えます。水溶き片栗粉を加えると卵が破れにくくなります。卵1個に対し、片栗粉・水 各小さじ1/2ほどを目安に混ぜ合わせ、卵に加えます。

57ad8b83fd2c40e81000b396c619c39e 左:塩で調味 右:水溶き片栗粉を加える

フライパンに薄く均一に油をひく

油が薄く均一に広がっていると、卵の仕上がりがきれいになります。

④油小さじ1/2ほどをフライパン全体に広げる

キッチンペーパーに吸わせて全体に塗るようにすると、均一に油をひくことができます。

D8b177c472d28a75494200cfcd9784ad

中火で手早く両面を焼く

フライパンの熱し方が足りないと、卵がくっつき、破けてしまう原因になります。火加減は中火に保ち、手早く作業します。

⑤フライパンを中火で熱し、少し卵を落としてみる

卵を落とした時に「ジュッ」と音がしてすぐに固まるようであれば, フライパンの予熱は完了です。

9872aee642962e8e0c2e32b3d3bdc2fb

⑥ 卵を流し入れる

フライパンの大きさにもよりますが、卵1/2個分くらい(30〜40cc)の量を目安に流し入れます。おたまですくって流し入れる方法もあります。

825ca4850d8e3152c7cd54e318d55062

⑦卵を薄く広げる

卵を流し入れたらすぐにフライパンの底を手早くまわして全体に広げます。この時、卵の量が多すぎたらすぐにボウルに戻します。

68ce16dc9e01c4b00f21955809cd564d

⑧表面が乾いた状態になるまで30秒ほど焼く

このとき、プクプクした泡があれば半熟のうちにつぶしておくと、焼き上がりがきれいになります。

Dff568163a94ccae05fb75d15dd715e7 泡が浮き上がってきたら菜箸でつぶす

⑨菜箸で卵の端をはがす

50b001e72147cbb2fb5b9d8db00fbc9e

⑩奥から1/3のところで菜箸をぐっと差し込み、持ち上げる

A620b63945e7c2c2c3401a2e106610fd

⑪卵をひっくり返す

0e2cbd772019acf57cf42ec0ee6d972f

⑫軽く火を通したら皿などに移して冷ます

ひっくり返した面を10秒ほど焼いたら、薄焼き卵のできあがりです。冷めた薄焼き卵は、ラップをして冷凍保存が可能です。

39ce39ab425e067be17e300eb7bf54dd

錦糸卵の作り方

薄焼き卵をごく細く切ったものが錦糸卵です。

①薄焼き卵をくるくると巻く

三つ折りでもよいです。細かい錦糸卵にしたい場合には巻かずに縦3等分ほどに切って重ねます。

8cc589d21de070f39cb97c7352562320

②1〜2mm幅に切る

巻いた向きに対して直角に細切りにし、手でほぐします。

細切りにする

2eb01e3bb7f5c6e360227469cf9590dc

ほぐして完成

29a049145602deda7adf49d7a8ec5735