パネトーネ風ドライフルーツフルーツのパン

パネトーネ風ドライフルーツフルーツのパン
パネトーネマザー酵母を買ったからには、ぜひ作りたかったパンがあります。 ・・・パネトーネです。(^^ゞ 作り方はいろいろあるようですが、どれが正統派なのかよく分かりません。とりあえず自分の作りやすい分量と方法で作ってみました。

材料 (パネトーネケース(大)×3個分)

パネトーネマザー酵母
15g
砂糖
40g
4g
バター
45g
牛乳
(卵と合わせて)210cc
1個
ドライフルーツ(洋酒漬)
約2/3カップ分
オレンジピール
50g

1

HBのケースにドライフルーツ以外の材料を入れ、スイッチオン。

2

写真

捏ね上がりの約10分前に、ザルに上げて汁気を切ったドライフルーツと、オレンジピールを投入する。量が多いので、ゴムベラなどで混ざりやすいよう多少手助けをしてやる。 (※写真は一次発酵終了後です。)

3

写真

オレンジピールは、刻んであるソフトタイプのものを使いました。一袋で50g。 レモンもありますが、どちらも苦みが弱くて使い勝手がとても良いです。

4

写真

1次発酵が終わったら、カードなどで3等分する。 手を湿らせて、手早くガスを抜くようつぶしてから丸め、パネトーネケースに入れていく。 30度前後で二次発酵60分。

5

写真

ケースの7分目くらいまて膨れたら、190度で約25分焼く。

6

写真

こんがり焼けたら、出来上がり~♪

7

写真

カットするとこんな感じ。 もっとドライフルーツやナッツを入れても良かったかな~。 オレンジピールの香りが効いてます。(*^^*)

コツ・ポイント

●ドライフルーツはたっぷりと。 ラム酒漬でもブランデー漬でも、お好みのお酒に漬け込んでおいたものを使って下さい。 ●生地が比較的柔らかいので、丸める時は手を湿らせておくとべたつかず、うまくできます。(濡らしすぎはダメ) ●焼くときに牛乳を塗っておくと、もっとツヤツヤに焼き上がります。

このレシピの生い立ち

パネトーネ酵母でパネトーネを焼いてみたくて。 でも、正式な作り方がよく分からないので、・・っぽいもの、になりました。
レシピID : 279100 公開日 : 06/09/05 更新日 : 06/09/06

このレシピの作者

カイサと申します。「娘に伝えたい我が家の味」中心のレシピを載せています。(女子農高生弁当は2015年5月よりお弁当アプリに移行。)
レシピではちょっぴり塩分控えめの、キミセ醬油のまろやかを愛用。

甘党の夫は神戸に単身赴任、長女は独立して北海道へ、大学生の次女は山梨で一人暮らし、私はハムスターと共に横浜の離散家族。^^;

趣味は、 映画・海外ドラマ鑑賞、手芸など。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

10/05/30

写真

酒無レーズンと胡桃でお土産に♫ふかふかふわふわ取り扱い注意です♡

ナゾリーヌ

ありがとうございます。ホント、よく膨らんで美味しそう!^o^

08/12/24

写真

マフィン型で焼きました☆明日のクリスマスの朝食用にいただきます♥

あいツナ

ありがとうございます。お口に合いますように~。o(^o^)o

08/12/21

First tsukurepo mark
写真

大きいのと小さいので♫♬パネトーネ初挑戦!食べるの楽しみぃ~❤

もえどんはは

れぽ感謝!パネで作ると硬くはなるけど1カ月カビません。^^;