黄身のきれいな目玉焼き

黄身のきれいな目玉焼き
黄身が鮮やかな黄色で白身が白くてきれいなホテルの目玉焼きです。家庭の目玉焼きは黄身が白くなってしまいます。高級ホテルでは目玉焼きはフライパンをオーブンに入れて作ります。家庭の道具で同じものを作ってみました。きれいな目玉焼きは子どもが喜びます

材料

2個
フライパン大小2枚
 道具です
 サラダ油またはバター
  少量

1

卵はあらかじめボールに割っておきます。黄身に付いている白いぶよぶよの部分を取り除き、白身は箸で膜をつぶしておきます。

2

フライパン(小)を弱火に。ボールの卵をそっと流し込み、卵の殻で黄身の位置が真ん中になるように整えます。(約20秒) 

3

写真

●強く熱した別の大きめのフライパンを重ねて、上と下からの熱で焼きます。

4

 黄身の表面の色合いを見ながら熱する程度を調節します。 できあがったら大きめの洋食皿に移します。 

5

高級ホテルの朝食を思い浮かべて、ナイフとフォークでいただきます。 

6

\

7

ホテルでは、熱い油をスプーンですくって上からかけているそうです。表面が輝きます。

コツ・ポイント

材料は卵2個とフライパン2つだけ。熱したフライパンを重ねて、下からの弱火と上からの熱の両方で焼く感じです。思い切り美しさにこだわって鮮やかな黄色の目玉焼きを作ってみましょう。日曜日の朝の楽しみになります。
 

このレシピの生い立ち

帝国ホテルのシェフが目玉焼きの作り方について週刊誌にかつて書いた物を参考にしました。
レシピID : 325642 公開日 : 07/12/05 更新日 : 16/11/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
ayo2nd 2008年05月04日 16:21
はじめまして。
熱したフライパンでフライパンのふたをするってことですよね。
時間があるときにやってみたいと思います。