広島わんぱく ちりレモン

広島わんぱく ちりレモン
ごはんにかけて食べるとおいしい♪

材料 (4人分)

ほうれんそう
1/2束(1㎝幅)
ちりめんじゃこ
40g
小さじ1
砂糖
小さじ1
大さじ1
しょうゆ
小さじ2
白ごま
適量
小さじ3

1

ほうれんそうをゆでて水にさらし,水気をしぼる。

2

ごま油を熱し,1を入れて軽く炒める。

3

ちりめんじゃこを加え,砂糖,みりん,しょうゆで味をつける。

4

汁気がなくなったら,白ごま,レモン汁を加える。

コツ・ポイント

広島県の特産品のレモン,呉市の郷原でも生産されているほうれんそうを使いました。ご飯にのせて食べると,とてもおいしいので,ぜひ作ってみてください。

このレシピの生い立ち

平成27年度「ひろしま給食100万食プロジェクト」で優秀レシピ賞に輝いたアイデアレシピ。呉市の小学5年生の女の子が考えた,広島の身近な食材をとり入れた,家庭でも簡単にできる一品です。
レシピID : 3410653 公開日 : 15/09/17 更新日 : 15/09/18

このレシピの作者

「ひろしま給食100万食プロジェクト」は,県民みんなで,広島ならではの給食メニュー「ひろしま給食」を食べて,食生活の改善や健康増進など「食」に関する理解や知識を高める「食育」プロジェクトです。 掲載したレシピは,このプロジェクトでアイデアレシピを募集し,優秀レシピに選ばれた作品です。ぜひ,ご家庭でも「ひろしま給食」を作ってみてください。 つくレポお待ちしています。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」