スペースクリアリング!だしパウダー☆3種

スペースクリアリング!だしパウダー☆3種
ストックにあるのを忘れてうっかり買ってしまったり、お歳暮でいただいたり…そんな大小の袋ものは、スペースを占領していきます。これをパウダーにして、スペースを節約、調理時間も短縮する方法。左からかつお、煮干ミックスx2、昆布のビン。

材料

だしパック(さば、いわし、昆布)
150g
花かつお
100g
とろろ昆布
160g
塩昆布(細切)
50g
昆布茶
30g
梅昆布茶
30g

1

<かつおだしパウダー>ストックに眠っている、ありとあらゆる花かつおの袋を引っ張り出し、オーブンの天板に広げ、150度で30~40分。指でつまんで、砂状に崩れるまで乾燥します。

2

バーミックスのグラインダーにかけて、振りながら10秒。細かいパウダー上になります。ミルサーやグラインダーがなければ、すり鉢でも。

3

<煮干ミックスだしパウダー>
だしパックの中身を取り出して、オーブンの天板に広げます。かけらの大きさにもよりますが、150度で40分。指でこまかく崩せるようになったら、2のプロセスでパウダーに。

4

<昆布だしパウダー>
中途半端に残っている昆布茶、梅昆布茶、細切塩昆布や、とろろ昆布を、天板にできるだけ薄く広げます。これも150度で15分。指で摘まんで崩せるようになれば2の方法でパウダー状に。

5

写真

とろろ昆布だけだと、150度で5~7分であっという間。

6

写真

収納を占領していた、これだけの袋ものが4つのビンにまとまりました。

コツ・ポイント

数字を書いてますが分量は適量で。▼指でつまんで、さらさらと崩れるまで乾燥させるのがポイント。▼できるだけ添加物の入っていないだしパックをおすすめ。煮干ミックスは、だしパックじゃなくても、煮干を手でちぎってから乾燥させても。▼塩のビンにパウダーを入れたら、卓上でも使えます。母サチコのように、漬物をかつおとしょうゆでいただくのが好きな人に。▼おにぎりや混ぜご飯、即席漬けにと、いろいろ応用ができます。

このレシピの生い立ち

デパートで買った、高価な料亭用のかつおパウダーが大活躍してました。で、収納を開いてみると、空き瓶と大量の袋物乾物。しかもどれも量が中途半端。じゃあ、仲間ごと一緒に入れちゃえ、と思いついて。最初は昆布茶と塩昆布を同じビンに収納していたのですが、低温のオーブンで乾燥させ、パウダーにして、もっとコンパクトにしてみました。スライスの干ししいたけでやってもよさそうですね。
レシピID : 359964 公開日 : 07/04/15 更新日 : 07/12/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」