群馬伊勢崎、懐かしの神社コロッケ

群馬伊勢崎、懐かしの神社コロッケ
伊勢崎神社で売っていたコロッケ、私たちは神社コロッケと呼んでいました。時々食べたくて、母から受け継いだレシピで作ります。

材料

ジャガイモ
500g
おから
200g
小麦粉
100g
青のり
5g
パン粉
100cc

1

写真

ジャガイモを剥いて、柔らかく茹でます。普通のコロッケと同じです。

2

写真

ジャガイモが柔らかくなったら、フォークで潰し、手で良くこねます。おからを入れて、更にこねます。

3

写真

小麦粉を半量いれ馴染ませたら、もう半量も馴染ませ、更にこねます。

4

写真

ここがみそなのですが、青のりを投入します。青のりがないと神社コロッケの味にならないのです。

5

写真

手でまるめて、そのままパン粉をまぶします。私は、70㌘のものと、50㌘のもの二種類作ります。薄めで丸い形のコロッケです。

6

写真

180度~200度の油で揚げます、短時間で大丈夫、厚みがなく薄っぺらいので、1分~1分半位です。

7

写真

揚げたてをそのままソ—スにジュと入れて出来上がり。

8

写真

昔はこんなお上品には食べていなかったのですが、一応お皿にのせています。

コツ・ポイント

パン粉はたねのねばりでつくので、卵等は使いません。
薄くて丸い形が神社コロッケです。揚げすぎると美味しくありませんよ。
ソ—スは半々ですが、辛めが好きな方はソ—スを多目にするといいと思います。必ずウスターソースで!

このレシピの生い立ち

伊勢崎神社の敷地で屋台で売っていたコロッケの復元です。神社コロッケと呼んでいました。
母が屋台のおばさんから材料のみを聞いて、自分なりに復元したようです。
懐かしい思いでの味です。おかずというより、おやつやおつまみにお薦めです!

レシピID : 3763800 公開日 : 16/03/22 更新日 : 16/03/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」