タコとローズマリーのパスタ

タコとローズマリーのパスタ
ローズマリーは細胞を活性化させる働きがあり、殺菌作用もあるハーブです。
甘い濃厚な香りと刺激的なほろ苦さという個性的な香りと味からラムなどの肉料理に使われる事が多いのですが、時にはあっさりとタコのパスタでインパクトある一皿にしたいですね。

材料 (4人分)

茹でタコ
足4本程度
スパゲッティ
400グラム
適宜(気持ち多めに)
2かけ
塩胡椒
適宜

1

たっぷりのお湯に塩少々を加え、スパゲッティを好みの固さに茹でる。
(このとき、茹で汁は捨てずに少しとっておく。)

2

フライパンにオリーブオイルを熱し、
スライスしたにんにく、赤唐辛子、ローズマリー(半分の4枝)を加え、香りを出す。

3

(2)にスライスしたタコを加え、
熱が通ったら茹でたてのスパゲッティを加え、塩胡椒で調味する。
茹で汁を加えて具合を調節する。

4

火を止める直前に、ちぎったローズマリーを加える。

5

器に盛って出来上がり。

コツ・ポイント

ローズマリーは大きいスーパーなどで売っていますが、なければ調味料コーナーにあるドライのものでも十分です。
でも飾りつけ重視ならやっぱりフレッシュのものがきれいに仕上がります。
余ったら、クッキーやケーキ・ローズティーにすると消化促進・口臭予防に。

このレシピの生い立ち

レシピID : 41153 公開日 : 02/02/05 更新日 : 02/02/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」