【京都丹波】かめまるいものチーズ焼き

【京都丹波】かめまるいものチーズ焼き
亀岡市にある「南條ひがん花の里直売所」考案レシピ。亀岡生まれの新しい野菜、『かめまるいも』で作るチーズ焼き

材料 (1人分)

とろけるチーズ
適宜
バター
適宜
味付け海苔
適宜
一味、七味等
適宜

1

かめまるいもの皮をむく(厚めにむくと良い)

2

かめまるいもを1センチの幅にスライスしておく。とろけるチーズはスライスした山芋の大きさに合うように切っておく

3

フライパンの上でバターを薄くのばし、山芋を焼く。お箸で刺せる程度で少し柔らかくなるように蓋をして焼く

4

さらに、少し柔らかくなった山芋の上にとろけるチーズをのせて、再度2分くらい焼いてできあがり

コツ・ポイント

今回は「かめまるいも」で作りましたが、山芋でも美味しくできます。
亀岡生まれの新しい野菜、「かめまるいも」。まだ生産量が少ないですが、“南條ひがん花の里”限定で購入できます。

このレシピの生い立ち

南條ひがん花の里は、9月中旬から下旬まで、その名のとおり、美しいひがん花に囲まれます。
京都丹波の直売所には、四季折々の京野菜や丹波のブランド特産物が揃っています。京都丹波まで足をお運びいただき、京都丹波の食材でこのレシピをお楽しみ下さい。
レシピID : 4132936 公開日 : 16/10/27 更新日 : 16/10/27

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」