さつま芋の長期保存法

さつま芋の長期保存法
8月頃~翌年3月頃まで可能な、長期保存法です。
さつま芋は年を越してからの方が、中の黄色い色が濃くなり、甘さも増してとても美味しくなります。
毎年私は実家へ帰省した時、鳴門金時を箱買いし、この方法で保存、年末にきんとんを作っています。

材料

さつま芋
お好みの本数
新聞紙
さつま芋の本数分
 

1

さつま芋を1本づつ新聞紙で包み、流しの下へ入れる。

2

3

コツ・ポイント

流しの下の温度・湿度が、さつま芋の保存に適しているようです。
コツは、さつま芋から芽が生えてくるので、たまに新聞紙を開けて
チェックして下さい。
芽が生えていれば、取り除いて包み直し、元の場所へ。
この方法は8月頃~翌年3月頃までの期間限定です。
春以降、暖かくなってくると、水分が抜けて中身が少しスポンジ状になり、両端が黒くなってきてしまうので、3月頃をメドに使い切ってください。

このレシピの生い立ち

私の実家の、スーパーの店員さんに教えてもらいました。
レシピID : 429186 公開日 : 07/09/12 更新日 : 07/09/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

25 (22人)

18/01/18

写真

紅はるかと紅ほっくりで!参考にさせていただきました(^ ^)

ミルクめろん

お試し頂きありがとうございます♪

17/12/02

写真

これで長い間さつまいもが楽しめます♡ありがとう!

kisakiwi

こちらこそ♪お試し頂きありがとうございます!

17/02/26

写真

まだ間に合いますね。このまま流しの下に置くだけなら簡単。

ゆっきん♪

お試し頂きありがとうございます♪

16/12/29

写真

栗きんとん用にりぴ☺保存できると安心♬助かります♡よいお年を~♡

ちゃんねるゆみ

リピありがとうございます!美味しいきんとん作ってくださいね♪

1 2 3 4 5