ぎょうざのタレ

ぎょうざのタレ
にんにくと生姜の粗みじんがいっぱい。外苑前のお店の味を思い出しながら、春キャベツいっぱいのあっさりした餃子にコクと旨みをプラスしたくて作りました。生にんにくなのでニオイ気にしなくてもいい日に。

材料 (2人分)

2かけ
粗みじん小さじ1
しょうゆ
大さじ2
大さじ2
旨み調味料
適量
小さじ1(なくても良い)
ラー油
お好みで
お好みで

1

にんにくは粗みじん切りにする。

2

にんにく、しょうが、しょうゆ、酢、紹興酒、旨み調味料を混ぜ合わせ、15分~1時間くらいおいて味をなじませる。

3

焼きあがった餃子につけていただく。お好みで豆板醤かラー油をどうぞ。

4

写真

この日の晩ご飯。
春キャベツいっぱいの餃子  タア菜としいたけの白髪ねぎオイスターソースかけ 豆腐とザーサイのスープ

コツ・ポイント

今から10年以上前、まだ初々しい社会人になったばかりの頃連れて行ってもらった餃子のお店。あの味が忘れられない。まだあるのかなあ・・。と~ってもおいしかった!(でもとてもニオいます。)

このレシピの生い立ち

レシピID : 49430 公開日 : 02/04/15 更新日 : 02/04/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」