【京の花果物語】青谷の梅シロップ

【京の花果物語】青谷の梅シロップ
青谷の梅、城州白で作ってみよう♪

材料

青梅(城州白)
1㎏
砂糖
800g~1㎏(お好みで)
酢又は焼酎(消毒用)
少々

1

梅を水洗いし、へたを竹串などで取り除き、ザルにあげ乾燥させます。

2

砂糖がよくなじむように、梅の表面に竹串で穴を開け、酢もしくは焼酎を振りかけて梅を消毒します。

3

殺菌した保存容器に梅と砂糖を交互に入れます。

4

梅から水分が出てくるので、1日に2~3回容器を振ります。
※梅の実が糖液につかるまで、こまめに行います。

5

発酵を防ぐため、時々ふたを開け空気を抜きます。

6

1ヶ月ほどして、梅が浮いてきたら梅を出し、シロップをガーゼで濾して、鍋で沸騰寸前まで火にかけます。

7

冷まして、瓶に入れ常温で保存します。
(2~3ヶ月ほど保存できます)

コツ・ポイント

城州白は香りがよいので、お好みで薄めてジュースにしたり、ゼリー等のお菓子の材料に使ったりといろいろな用途で活用できます。
熟成させることにより、さらに香りが引き立ちます。
※写真は氷砂糖を使いましたが、水分抽出に少し時間がかかりました。

このレシピの生い立ち

城州白の収穫期間は6月中旬~末までで、城陽市の直売所(城陽旬菜市)やJAやましろ京都で取り扱われています。
梅パワーで、これからの暑い夏を乗り切ってください♪
レシピID : 5132808 公開日 : 18/06/22 更新日 : 18/06/22

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」