レタスの保存法

レタスを新鮮に保存する方法です。TVで「買った時以上にシャッキリ!」と紹介されていました。

材料 (レタス1個分)

レタス
1個
お湯
コップ1杯程度
ビニール袋
1枚
キッチンペーパー
1枚

1

沸騰したお湯と、水を同量で混ぜ、50度くらいのお湯をボウルに準備しておく。(合計カップ1杯程度で足りる)

2

レタスの泥等を洗い流し、芯の根元の部分を薄く切り落とす。

3

1のボウルにレタスをつけて、2~3分待つ。(全体が浸る必要はない)

4

水に浸したキッチンペーパーを、清潔なビニール袋の中に敷く。(1枚を4つ折くらいで足りる)

5

レタスをお湯から上げて、4のビニール袋に入れる。芯の切り口がキッチンペーパーにあたるように。

6

ビニール袋の口をねじって結び、冷蔵庫で保管。
使う時は、残す部分への切り口がなるべく少ないようにする。

コツ・ポイント

レタスは大部分が水分! 50度くらいのお湯だと、吸い上げやすく、細胞も死なない! 赤くなるのは、生きたレタスが傷から腐らないように抵抗している! -- この方法で保存してみて、少しずつ使いきるまで、12日間シャッキリ☆でした。キッチンペーパーが赤く染まってくるので、気になって一度新しいものに取り替えてみました。洗ったり水切りしたりなしで、ビニール袋からちぎって直接使っちゃいました。

このレシピの生い立ち

TV番組の、ためしてガッテンで紹介されていました。
実際にやってみて本当に便利だと思ったので、私が行った詳細を載せます。
レシピID : 544019 公開日 : 08/04/03 更新日 : 08/04/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」