大和真菜の煮浸し桜えび餡 法蓮草小松菜も

大和真菜の煮浸し桜えび餡 法蓮草小松菜も

Description

大和真菜の煮浸しに薄味の桜えび餡をかけたら、簡単だけどちょっと見栄えの良い一品に。ほうれん草や小松菜等でもOKです。

材料 (3~4人分くらい)

大和真菜(ほうれん草や小松菜などでも)
一把
400cc
○塩
ひとつまみ
大さじ2
大さじ3
○砂糖
小さじ1/2
干し桜えび
大さじ2
おろししょうが
適宜
水溶き片栗粉
片栗粉大さじ1+水大さじ1

作り方

1

大和真菜は食べやすく切り、茎と葉に分けておく。

2

出汁を煮立て○の調味料を入れてから、大和真菜の茎を入れて1分くらいたったら葉も入れる。

3

好みの加減まで煮たら、出汁400ccを残して、大和真菜と煮汁を取り出し冷ます。

4

残した出汁に桜えびを加え塩で調味し、水溶き片栗粉でとろみをつける。

5

3の青菜に味が含まれたら、青菜のみを皿に盛り付け、餡をかける。生姜を添える。

コツ・ポイント

ほうれん草はアクが強いので、先に茹でて水にとり絞ってから、出汁を含ませて餡をかけます。

このレシピの生い立ち

せっかく手に入った大和真菜を、美味しく食べたいと思い、考えました。
レシピID : 5705450 公開日 : 19/06/20 更新日 : 19/06/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」