傷跡はどこ?きれいなトマトの皮むき

傷跡はどこ?きれいなトマトの皮むき
直火焼きのトマトの皮むき方法です。これだと焼き残しもなく、フォークの傷跡もありません。竹串の痕も目立たないトマトです。

材料

トマト
好きなだけ
竹串
1本

1

写真

トマトの皮に十文字の傷をつける。あくまでも浅く。

2

写真

ヘタが取れるようなら取り除き、竹串を深く突き刺す。

3

写真

直火でトマトの上半分をあぶる。

4

写真

あぶった部分の皮をむく。ここでは全部の皮はむけません。

5

写真

十文字の切れ目の頂点からヘタの方に竹串を深く突き刺す。

6

写真

残った皮の部分を直火であぶる。逆さにしてヘタの部分もまんべんなく!

7

写真

残った皮をむく。写真では判り辛いですが、ヘタ付近の皮もベロッとむけました。

8

写真

完成品。頂点にさした竹串の痕も分かりません。
ホレボレする位に全体が美しい仕上がりです。

コツ・ポイント

ヘタを取り除いた方がきれいに皮がとれます。(シンガポールで売られているトマトは既にヘタがありません。)
竹串はまっすぐに深く突き刺して下さい。しっかり刺さないと、途中でガス台に落ちますよ。

このレシピの生い立ち

フォークで突き刺して直火焼きすると、途中でガス台にゴロンと落下するわ、ヘタの近くは皮が残るし、フォークの傷跡も気になる‥‥
流し台にあった竹串でやってみたらきれいに出来たので。
レシピID : 804495 公開日 : 09/05/10 更新日 : 09/05/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」