スコーン?

入れるものでアレンジ自在。
できたてはさくさく、スコーンとパンの間をとったような食感です。
フードプロセッサを使います。

材料 (直径3センチ35コ分)

薄力粉
240グラム
バター
50グラム
ヨーグルト
100cc
牛乳
50cc

1

薄力粉とベーキングパウダーをフードプロセッサに入れて3秒ほど攪拌。そこに冷たいバターをいれて、サラサラになるまで攪拌します。更にヨーグルトを3回くらいにわけて入れながら攪拌。ボロボロの状態になります。
そこに牛乳を数回に分けて加えながら攪拌。

2

べちょべちょのタネを、ビニール袋に入れて、棒状にまとめます。私は袋2つに分けてます。それを冷凍庫に入れて約10分ほどで、カードで切れる硬さになります。
袋の口を開け、そこに薄力粉(分量外)を少し振り入れます。打ち粉です。

3

ビニール袋をハサミで開いて、1センチ幅に切り分け、適当に整形して、天板に並べます。
牛乳(分量外)を表面に塗ります。これを省略すると、表面がこんがりしても、中が生焼けになっちゃいます。

4

200度のオーブン(上段)で約25~30分。
大きめに焼きたいときは少し長めに。

コツ・ポイント

短時間でできるので、作りたてを早めに食べるのがお勧めです。
ジャムやクリームで甘味をつけても美味しいです。

2日目は確実に味が落ちます。
オーブントースターであっためて食べてください。

このレシピの生い立ち

数年前に、TV番組で紹介していたレシピのメモを発見。それにアレンジを加えて、カロリー控えめで、作りやすい量にしました。
レシピID : 97373 公開日 : 03/06/19 更新日 : 03/06/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」