生クリーム乳脂肪分35%と45%の違い

乳脂肪分35%の生クリームは、乳脂肪分45%の生クリームよりも口当たりが軽くさらっとした舌触りになります。そして乳脂肪分45%の生クリームは乳脂肪分35%の生クリームより泡立ちやすい分、分離もしやすいので、ホイップするときには注意が必要です。

以上の特徴を生かし、好みで使い分けます。ずっしり濃厚に仕上げたいガトーショコラには乳脂肪分高めのクリームを、チーズケーキを軽めに仕上げたいときには乳脂肪分低めのクリームを使います。

デコレーションのためのホイップクリームを作る際、あつかいやすくするために高脂肪と低脂肪のクリームを混ぜるという応用もできます。

B2d10d35e84505f52a7b6630504a7cde?p=1441954290

参考:クックパッドニュース「『純生クリーム』『ホイップクリーム』『植物性クリーム』いろいろあるけど、どう使い分けるの?!」