ふしぎな二色のたまご焼き

ふしぎな二色のたまご焼き
シンプルなたまご焼きです。でも不思議な食感☆たまご焼きとゆでたまごの中間??! 一度おためしあれ~♪

材料 (2.3人分)

L玉の卵
2つを下記のように分ける
卵黄2つと卵白1つ(卵黄ボウルとする)
卵白1つ(卵白ボウルとする)
牛乳
大さじ2
さとう
小さじ1/2
大さじ1(メーカーによります)
小さじ1
サラダ油
少量
☆クッキングペーパー
2まい

1

写真

ボウルを2つ用意して、卵黄2つと卵白1つ(卵黄ボウル)もうひとつは卵白1つ(卵白ボウル)に分けます。

2

写真

卵黄ボウルはカラザを取り除き、牛乳→さとう→白だし→みりんの順に入れて混ぜます。卵白ボウルは卵白を切るように混ぜます。

3

写真

たまご焼き用フライパンにサラダ油を敷き、余分な油はペーパーに吸わせて最弱火でしっかりと時間をかけ卵白を焼いて巻きます。

4

写真

卵の白身焼きロールです。コレをさらに巻き焼きしていきます。

5

写真

卵黄ボウルの卵液を全量流し入れて弱火で焼きます。表面が乾いてきたら4の白身ロールを端っこにおいて包み巻いていきます。

6

写真

巻くときには空気を入れない…という気持ちでフライ返しなどでギュッと。。。

7

写真

ラップにクッキングペーパーをおき6をのせクルっと巻いて休ませる。形が崩れた時などはラップをまきすに換えてみて下さい。

8

写真

できあがりです。
お弁当にピッタリの味と可愛らしさです。

コツ・ポイント

たまご焼き。ゆでたまご。錦玉子・・・その中間のような不思議な食感です。味はだし巻きと同様なので卵白に味つけは不要です☆ 白身焼きは空気を入れないようにきつめに巻いて焼くと食感がさらによくなります♪

このレシピの生い立ち

ふだんから作ることの多いたまご焼き。卵黄2だとすると卵白は1で作ることの多いだし巻きたまご(私だけ??)余った卵白の調理方法は・・・灯台もと暗し。だし巻きの中に入れてみました。
レシピID : 1551611 公開日 : 11/08/31 更新日 : 12/12/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

60 (46人)

18/03/20

写真

雑念を祓いじっくりじ〜っくり焼き上げましたw♡息子弁IN✨感謝♡

☆のんのんの~ん☆

遅リコメすみません。丁寧な焼き上げ伝わります☆美味しそうです

18/01/20

写真

やっぱりこれかわい♡今日もゴマアートして旦那弁に♪いつも感謝

♡мiчаⅵ♡⋆

たまごの黄色が可愛くてニッコリ☆ぷちゴマアートがCUTE~♪

18/01/16

写真

今日は失敗…何だか雑念が入ると上手く焼けない気が…笑レシピ感謝♡

☆のんのんの~ん☆

失敗?! 美味しそう&可愛らしくお弁当に入ってますよ~♪

17/12/15

写真

時間かかっても弱火焼きは必須ですね✨今日の出来で改めて学びました

☆のんのんの~ん☆

弱火だと時間かかるけど十倍の可愛らしさ☆めちゃ可愛いですよ♪

1 2 3 4 5