雛寿司

見た目もかわいく子供も喜ぶおすしです。

材料 (2人分)

散らし寿司
茶碗2杯
2個
うずらの卵
2個
梅干
少々
黒胡麻
4粒
のり
少々
かんぴょう
長め2本(あれば)
大さじ1

1

薄焼き卵をつくる。とき卵に出し汁を加え混ぜる。薄く油を引いたフライパンにとき卵を流しいれ、薄焼き卵を作る。このとき、あまり薄いと寿司を巻くときに破れてしまうので厚い方がよい。

2

薄焼き卵をざるにのせ、冷ます。うずらの卵をゆでる。

3

散らし寿司を大きいおにぎりの形にする。二つ作り、皿に横並びにおく。

4

ゆであがったうずらの卵を冷水に取り、殻をむく。
卵に、胡麻で目を作り、梅干を細かく砕いたものを口にする。このとき、爪楊枝を使ってやると容易にできる。

5

のりを調理はさみを使って烏帽子、杓、お雛様の髪を作る。
4で作った頭を爪楊枝で指し3で作ったおにぎりにさす。

6

5に2の薄焼き卵を巻く。
かんぴょうを中央にまく。
のりを飾り付け、(杓はかんぴょうではさむか、卵に貼り付ける。)出来上がり!

コツ・ポイント

中のご飯は、チャーハンでもピラフでもいいです。

このレシピの生い立ち

レシピID : 16204 公開日 : 01/03/03 更新日 : 01/03/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」