農家のばあちゃんの梅干の漬け方

農家のばあちゃんの梅干の漬け方
庭の梅の木も年取ってきたけど、梅干作りも年重ねてます!気どらない漬け方です。

材料

梅干
10kg
2kg
赤シソ
500g
赤シソ用塩
適量(3つかみ)

1

梅の実を採って(購入して)から、香りがでて、色が黄色くなるまで置いておく。

2

梅を一晩水に浸ける。漬け樽はきれいに洗っておく。

3

次の日、梅の水を切る。漬け樽に、塩をまぶり、梅を入れては塩を振りまぶす・・・それをくりかえす。最後に焼酎をかける。

4

押蓋の上に、蓋が浮かない程度の軽い重石を乗せて、ほこりがかぶらないように蓋をする。

5

そのまま土用の丑の日まで置いておく。自然に水があがり、カビが生える事があっても、上に一枚の膜になりきれいにすくいとれる。

6

土用の丑の日になったら、カビがあったら取り除き、ざるにあけて、水を切る。

7

平なざるに、梅干を並べて、3日3晩干す。

8

1日目は一日中干し、夜は家の中に入れる、2日目はひっくり返して干し、夜は家の中入れ、3日目はそのまま干し、夜露をかける。

9

保存容器にしまって梅干のできあがり。

10

赤シソが手に入ったら、よーく洗って、葉が絞れて黒い汁がでるまで、塩一つかみづつかけていく。

11

黒い汁がでたら、ぐぅーっと絞った赤シソに梅酢をかけると色が赤く変わる。また絞り、広げて干しておく。

12

保存容器の中の梅干に、干して乾いた赤シソを混ぜて、赤シソ入り梅干のできあがり。

13

*気になる人は、3で水を切った後に、ヘタを楊枝などで丁寧に取り除きましょう。

コツ・ポイント

保存する壺などの入れ物は、日光か焼酎で消毒しておきます。時々、重石の状態やカビを気にかけてください。土用の丑の日は目安で、つけてから20日以上たっていれば、天気予報で3日間よく晴れるときを選んで干した方がいいです。

このレシピの生い立ち

去年は1本の梅の木から30kgも実がとれて、義母と一緒に梅干を漬けました。昔は梅一升に塩3合で10年以上もつように漬けていたそうです。最近は、塩っぱすぎない梅干を作りますが、かなりもちます。
レシピID : 2376996 公開日 : 13/10/19 更新日 : 14/06/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/07/02

First tsukurepo mark
写真

シソと梅が良い色に染まり減塩梅干し完成しました。

アタックひめちゃん

アタックひめちゃん、つくれぽありがとう♡きれいで素晴らしい!

Profile j2shinya 2014年12月07日 11:07
今年、初めて漬けました、和歌山県の梅干しの産地で生まれたので、田舎漬けが一番です。塩分二十パーセント以上、実が熟成したもの、一番の決め手は最後の土用干しで味と硬さ等決まるみたいです、40キロほど、色々と試しました。