アメリカ流★サクサクの手づくりパイ生地

アメリカ流★サクサクの手づくりパイ生地
アメリカのパイクラストは日本のパイシートと違って、分厚くてビスケットみたいな食感。フルーツを使ったパイによく合いますよ★

材料 (直径18cmのパイ皿 2枚分)

小麦粉(薄力粉と強力粉を半分ずつ)
230g
小さじ1
砂糖
小さじ1
無塩バター
225g
冷水
70cc

1

写真

フードプロセッサーに小麦粉、塩、砂糖を入れて混ぜ合わせます。

2

写真

冷たいバターをキューブ状にカットし、フードプロセッサーに加えます。

3

写真

中くらいのスピードで10秒間プロセッサーにかけます。バターが撹拌されて粉と混ざっていればOK

4

写真

冷水を粉全体に回しかけ、再度プロセッサーにかけます。

5

写真

10秒ほどで、粉類が固まってゴッゴッと激しい音がしてくるのでストップ。

6

写真

ラップの上に生地をのせ、ばらついた生地をかるくまとめます。※絶対に捏ねないでください。

7

写真

生地を二等分に分け、それぞれ直径10cmくらいになるように麺棒で生地を伸ばします。

8

ラップに包み、冷蔵庫に1時間以上休ませます。
作り置きの場合は冷凍庫に保存してください。

9

写真

生地の冷却が終わったら、麺棒で直径22cmくらいに伸ばします。パイ皿に敷きつめ、お好みのフィリングを載せます。

10

写真

最後にもう一枚のパイ生地をかぶせます。円の縁の部分は指をつかって上下の生地を接着させます。
仕上げに卵黄を塗ります。

11

生地がやわらかくなってきたら、オーブンで焼く前に冷凍庫に数分入れてください。

12

写真

220度のオーブンで約25分、生地がきつね色になるまで焼く。アップルパイの場合はその後190度に下げて約60分焼きます。

コツ・ポイント

サクサクに仕上げるコツは、
★生地を絶対にこねないこと
★生地は常に冷たい状態に保つこと
少しでもやわらかくなったら冷凍庫へ!

オーブンで焼く際、最初の25分を高温で焼くことによって、サクッとした仕上がりになります。

このレシピの生い立ち

アメリカのスーパーには出来合いのパイクラストが売っていますが、日本では手に入らない。ならば手づくりしよう!と思って、マーサ・スチュワートのレシピを参考に作ってみました。
さすが、マーサのパイ生地はサクサクに仕上がって感動しました。
レシピID : 2555477 公開日 : 14/03/23 更新日 : 14/03/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

35 (34人)

18/02/12

写真

最高においしいアップルパイ!大好評でした!

クックW6K2YG☆

最高においしいなんて言っていただき嬉しいです!

18/02/04

写真

実は何度もリピ!簡単美味で最高です!折込よりこっちの方が好み♡

りえかぴ☆

サクサク感伝わってきます。何度もリピありがとうございます!

17/11/20

写真

何度もリピしてます~!オーブンから出した直後なので真ん丸です

canopus_

何度もリピありがとうございます!完璧な焼き色ですね!

17/11/19

写真

参考にさせて頂きました!サクサク美味しくできました(^-^)✨

Rariko✨

サクサクにできてよかったです!四角でも可愛いですね。

1 2 3 4 5
えりろん 2014年11月04日 03:51
写真撮る前に全部食べてしまいました。ご馳走したゲスト皆さんから、絶大な褒め言葉を頂きました。今までこれ程好評だったパイ生地はありません。それに簡単だし!最高です。
またThanksgivingに作ります!
chika919 2014年11月13日 06:11
えりろんさん、うれしいコメントありがとうございます!お客様も喜んでいただけてよかったです。ぜひサンクスギビングにも活用してくださいね。わたしもアメリカ在住です。これからもお互いお料理楽しみましょう!