ごはん(災害時用ポリ袋レシピ)

ごはん(災害時用ポリ袋レシピ)
災害時こそ温かいごはんで少しでも気持ちを休めて欲しいと思います。普通のお米でも排水を出さずに美味しく炊くことができます。

材料 (茶碗軽く2杯分)

米(普通精米)
1/2合
3/4合

1

写真

ポリ袋に米と水を入れる。(水は米の体積の1.5倍)
袋の中の空気を抜いて袋の口をくくる。

2

米を水に浸す。
目安は…
気温28℃-1時間
冬場なら-1時間30分
米は袋の中でなるべく広げておく。

3

写真

沸騰した湯の中に袋ごと入れる。
沸騰を保つ程度の火加減で鍋の蓋をし、25分加熱する。

4

写真

10分程、袋ごと蒸らし、ふんわりとほぐして盛り付ける。

5

はみんぐ南河内は、皆様の元気と笑顔につながる「いただきます」のお手伝いをしている管理栄養士のグループです♪

コツ・ポイント

普通精米でも時間をかけてしっかりと米に吸水すればヌカの匂いは気になりません。
2合くらいまでは一つの袋で作ることが出来ます。
無洗米の場合は米1/2合に対し水2/3合(通常の無洗米の水加減)、水に浸す時間は30分(通常の浸漬時間)です。

このレシピの生い立ち

排水が出ない、熱源を選ばない、個別の調理ができる「ポリ袋レシピ」は災害時にこそ力を発揮すると思います。シリーズは、夏野菜カレーID2299277、カレイの煮付けID2312914を公開中です♪
レシピID : 2766169 公開日 : 14/08/22 更新日 : 14/08/23

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」