カフェ・ド・パリ風ハーブバター

カフェ・ド・パリ風ハーブバター
老舗のカフェ・ド・パリには及ばないものの美味しいハーブバターができました。
色々使えます。冷凍も出来ます。

材料 (1−2回分)

バター(無塩)
100g
白ワインビネガー/ハーブビネガー
大さじ1~3
エシャロット/玉ねぎ
1個/小1/2個
アンチョビフィレ
1枚
マスタード/タラゴン入りマスタード
小さじ1
1本
タラゴン
1本
パセリのみじん切り
小さじ1
あさつきのみじん切り
2本
セージ
1枚
マジョラム(乾燥使用)
小さじ1/2
パプリカパウダー
少々
小さじ1/3〜1/2
白胡椒
少々
小さじ1
塩 岩塩など
小さじ1/3~

1

写真

にんにくはおろす
玉ねぎ、アンチョビ、ハーブは微塵切。レモンを絞る。スパイスを小皿に用意。バターを20g位に切る。

2

写真

鍋に20gのバターを溶かし玉葱、アンチョビを炒めたら、残りのバターを入れて溶かす。
焦がさない様にご注意を。

3

写真

火を止めて鍋に残りの材料の塩以外を全て加えかき混ぜる。味見してから塩を入れる。

4

写真

耐熱容器などに移す。使い切れず冷凍する場合は固まったらラップにぴったり包むか小さい容器に小分けして冷凍庫へ。

5

写真

カフェ・ド・パリ風にサーロインステーキに。

6

写真

少量のオイルでソテーした海老にもあいます。

7

写真

パンに塗っても美味しいです。塗ってからトーストしても。

8

写真

茹でジャガイモにも。カットして中央に挟むと溶けます。

9

写真

ホワイトアスパラガスにも。

10

写真

茹でた豆のピューレに。

11

写真

蕎麦の実のリゾットに。

12

写真

右はスパイス入りのお酢。左がハーブ入りのお酢。白ワインビネガーでOK。

13

写真

エシャロット、ハーブビネガーで作ったもの。玉ねぎより好みでした。100gで作ると大体1回で消費。

14

写真

タラゴンが余ったら。煮沸した瓶にタラゴンを入れワインビネガーを注ぐ。翌日から使えます。

15

写真

白ワイン大さじ2杯追加で作ったもの。

16

写真

炊き上がった大麦のピラフに小さじ2杯入れました。
トマト系にも合います。

17

写真

塩胡椒してソテーした鶏胸肉と。

コツ・ポイント

アンチョビを入れるので味見してから塩を入れて下さい。
ハーブは全部ない場合パセリとあさつきでもOK。
タラゴン入りマスタード使用ならタラゴンは省略して下さい。

このレシピの生い立ち

ジュネーブのレストランCafé de Parisへ行って本場のハーブバターを味わいました。
スーパーでも市販品は買えますが、お砂糖も入っているしハーブの香りはしないので、何度か自分で試作。お店のとは違うけど美味しくできたので。
レシピID : 3201641 公開日 : 15/06/02 更新日 : 15/10/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

15/10/15

写真

お肉にぴったり♪旦那も絶賛だよ^^ソースボート欲しい〜笑

melmarilyn

グルメな旦那さんから絶賛とは嬉しい限り。 素敵れぽありがとう

15/06/17

First tsukurepo mark
写真

美味だった~我が家定番お肉ソースに決定♪日記嬉しかった感激です!

ルロワ・モワ

うわぁ美味しそう! コメ嬉しすぎ~。 どうもありがとう!!