【釣食】オジサンの湯霜作り

【釣食】オジサンの湯霜作り

Description

釣った魚を食べよう♪( *´艸`)
皮のこりこり感と身の柔らかさが同時に楽しめます。普通の刺身では味わえない!

材料

オジサン
半身
大葉
2~3枚

作り方

1

写真

2015/07/19の釣果。釣り場で内臓、えらを取り除き、海水でよく洗い、持ち帰ります。

2

写真

今回はこのオジサンを使います。

3

写真

うろこは取っておきます。大きなうろこで密集しています。

4

写真

3枚おろしにします。
今回は半身は湯霜作り、もう半身は天ぷらにします。

5

写真

腹骨はそぎ切にします。

6

写真

中骨に沿って真直ぐに包丁を入れ、骨を切り取る。

7

写真

氷水を用意する。
やかんでお湯を沸かす。

8

写真

オジサンの皮の方を上にし、キッチンペーパーをかける。その上から皮にそって熱湯をかける。

9

写真

皮が反り返ったら、すぐに氷水に入れ冷やす。

10

写真

後は食べやすい大きさに...

11

写真

チヌは普通の刺身にしました。和歌山の海はキレイなので、チヌも非常に美味しいです。

コツ・ポイント

皮と身の食感の違いが楽しめます。また皮に火が通っているので、旨みが非常に強くなります。
オジサンだったら普通に作る刺身より湯霜作りの方が断然美味しい(^ω^)
このほか鯛やチヌ、皮に旨みがある魚だったらよく合います。

このレシピの生い立ち

釣った魚でのレシピを作ってみたかったので。
◆この釣りの状況はブログをどうぞ(^^)
http://blog.livedoor.jp/puyome/archives/37481696.html
レシピID : 3310884 公開日 : 15/07/26 更新日 : 17/03/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」