香り高い甘夏みかんのジャム

香り高い甘夏みかんのジャム

Description

甘夏の美味しさがキュッと詰まって、ヨーグルトに、紅茶に、春が来ます。

材料 (甘夏みかん3個)

グラニュー糖または氷砂糖
200g
甘夏みかん
3個

作り方

1

写真

甘夏みかんの皮をむき、薄皮の袋を外して、実とタネを分けておく。この時ムッキーがあるととても楽です。

2

タネは出汁袋に入れておく。ペクチンがジャムをトロッとさせてくれます。

3

鍋に実と、グラニュー糖か氷砂糖を入れてしばらく置いてなじませます。

4

写真

タネを入れた出汁袋も忘れずに上に乗せて、鍋を火にかけます。焦げないよう弱火で、水分がなくなるまで煮詰めます。

5

保存する瓶を煮沸しておき、できたジャムを入れましょう。

コツ・ポイント

タネは捨てないでくださいね。タネのペクチンで自然にトロッとします。砂糖は三温糖でもきび砂糖でも良いですが、綺麗な透き通るジャムにするには、やはりグラニュー糖か氷砂糖が良いと思います。

このレシピの生い立ち

我が家では農家の方の努力で無農薬の甘夏を毎年買うことができます。そのまま食べるだけでなく、ジャムやピールにして皮まで食べてます。無農薬ならではです。
レシピID : 3762310 公開日 : 16/03/21 更新日 : 16/03/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」