地鶏屋の九条ねぎと京地どりの鶏すき

地鶏屋の九条ねぎと京地どりの鶏すき
京都府南丹市で、生産者が安心できるお肉を追求し、丁寧に育てられた「京地どり」。その京地どりで作った京都丹波を代表する鍋。

材料 (4人分)

京地どり半身
500g
京地どりの鶏油(無ければラード)
適量
九条ねぎ
1束
白菜
1/4玉
大根
1/3/本
ニンジン
1/3本
エノキタケ
1パック
砂糖
60g
醤油
100ml
200ml

1

材料を食べやすい大きさに切る。

2

鶏油で鶏肉を炒める。表面の色が白っぽくなったら、砂糖を入れ全体にからんだら酒を入れる。

3

グツグツとしてきたら醤油を入れる。

4

3の鍋に野菜を入れ火が通ったら出来上がり。

5

具材が少なくなれば足して、味が薄くなったら砂糖や醤油を継ぎ足してお楽しみください。

コツ・ポイント

京地どりは他の素材と一緒に美味しくなる鶏肉です。
炒め油に京地どりのチーユやラードを使うことにより、まろやかな甘さのある仕上がりになります。

このレシピの生い立ち

祖父母に教えてもらったレシピを、自分の生産している京地どりに合うように、少しアレンジしました。
レシピID : 4206855 公開日 : 16/11/28 更新日 : 16/12/02

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」