紅花入りほうれん草のキッシュ

紅花入りほうれん草のキッシュ
生薬である「紅花」は、冷え性、生理不順、更年期障害によい。また、身体を温め、血液浄化作用、活性酸素除去作用がある。ほうれん草に多く含む鉄分はたんぱく質と結合し吸収されやすくなります。血流を良くする薬膳メニューです。

材料 (4人分)

紅花(生薬)
大さじ1
ほうれん草
1束
ベーコン
5枚
たまねぎ
1/4個
バター
20g
塩・胡椒
適量
2個
牛乳
180cc
大さじ2
モッツァレラチーズ
50g
冷凍パイシート
2枚

1

ほうれん草は適当な長さに切る。ベーコンは1.5㎝ぐらいの幅に切る。玉ねぎはスライス

2

フライパンにバターをなじませ、玉ねぎをきつね色になるまで炒める。ベーコン、ほうれん草を炒め、塩胡椒で味付けをする。お皿に移し粗熱をとる。

3

卵を溶きほぐし、牛乳、生クリームを混ぜる。2の粗熱がとれたら加え混ぜる。

4

2枚のパイシートをキッシュ皿大に伸ばし、キッシュ皿に敷き詰める。

5

3を流し入れ、モッツァレラチーズと紅花を散らす。

6

あらかじめ180度に熱したオーブンに5を入れ、180度25分焼く。
串を刺して濁った卵液が出なくなれば出来上がり。

コツ・ポイント

ほうれん草など野菜は、水を良く切っておくと炒めたとき水分が出にくい。
あらかじめオーブンは180度に温めておく。
紅花が焦げそうに感じるときは、モッツァレラチーズを散らす前に散らすとよい。

このレシピの生い立ち

ヨコハマポットラッククラブ(持ち寄りパーティー)に持って行ったお料理です。この回はワインコーディネーターを呼んでと言うことでしたので、ワインと合う「薬膳キッシュ」を作りました。
レシピID : 459495 公開日 : 07/11/13 更新日 : 07/11/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile スマイルちかこ 2008年12月14日 20:02
キッシュ皿に何もつけないでパイシートを敷くとくっつきませんか?
愛華麗菜 2008年12月14日 20:46
>スマイルちかこさん
私は何もつけていません(^^;)
真ん中だけシートに水分が含み崩れかかりますが、あまり気になりませんでした。
バターとかお皿になじませておいたほうが付かないですね!