冬はやっぱり鍋

冬はやっぱり鍋
数種類のソーセージと塊ベーコンで鍋にしました。最後の〆は、ガーリックトースト。

材料 (3人分)

ソーセージ
数種類
塊ベーコン
3㎝厚さ
キャベツ
4分の1
下仁田ねぎ
2本
もやし
1袋
ガーリックトースト
2本
粒マスタード
ケチャップ
スープの素
2,3種類

1

好みの数種類のソーセージを大きめに切る。
塊ベーコンは、1㎝厚さに切る。
野菜は食べやすい大きさに切る。
ガーリックトーストを1㎝厚さに切る。

2

鍋に水を入れて、2,3種類のスープの素を入れて煮立てる
味を見て、塩、胡椒を加える。

3

ガーリックトーストを除いた材料を鍋に入れて、好みで、粒こしょう、ケチャップで食べる。
ガーリックトーストは、食べるときに、軽く浸して、食べる。

4

コツ・ポイント

ソーセージは、最低でも2種類、違ったタイプのものを入れる。種類が多いと味が混ざり合っておいしい。
スープの素も、できれば、いろいろなものを使うとおいしいが、お好みのものがあれば、それひとつでも十分。
今回は、塩ベースであっさりとしたが、トマト味、にんにくたっぷり味、はまぐり味など好みの食材でもおいしい。
じゃがいもを入れるときは、崩れないように、小さなものを皮をむくだけで使う。

このレシピの生い立ち

寒いと鍋が一番なのだが、毎日だと飽きる。少し目先を変えてと思って、ポトフのつもりで作り始めたのだが、冷凍庫に沢山残っていたソーセージを入れり、かちかちになって冷蔵庫の片隅にあったガーリックトーストも入れたらよみがえった。
レシピID : 473305 公開日 : 07/12/11 更新日 : 07/12/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」