チョコロリンクッキー

チョコロリンクッキー
コロリン、コロリンと転がるチョコをはさんだクッキーです。向こうに見えているのは名づけてダイヤモンドクッキー。同じ手順で違う味が楽しめます。

材料 (20個~30個ぐらい?)

チョコレート(けずって)
カップ半分ぐらい
バター(あるいはマーガリン)
100g
砂糖
80g
1個
▲薄力粉
70g
▲ココア
10g
▲炭酸
小さじ4分の1ぐらい
◎薄力粉
80g
◎炭酸
小さじ4分の1ぐらい
カップ3分の1ぐらい

1

2種類の生地を一度に作ります。卵は夏は室温に、冬はぬるま湯につけて少しおきます。バターをレンジ対応のボールに入れ20~30秒チンします。泡たて器でクリーム状になるまでかき混ぜます。

2

砂糖を入れさらにまぜます。卵を少しづつ入れ一生懸命かき混ぜます。おいしそうなクリーム状になったら生地を半分別のボールに移し変えます。

3

ひとつのボールのほうは▲の材料を振るいながら入れ粉っぽさがなくなるまでヘラでまぜます。もう1つのほうは◎で同様にします。

4

30分ぐらい冷蔵庫で冷やします。取り出して好みの大きさに丸めます。チョコロリンの生地のほうは小さめに作ります。仕上げの時2個をくっつけるので数が半分になりますから。

5

丸めたら天板に並べていきます。白い生地は丸めたら器に入れたざらめに押し付けてザラメの着いたほうを上に向けて天板に並べます。

6

180度のオーブンで12分ぐらい焼きます。網などに取り出して冷まします。

7

チョコレートをレンジで溶かします。1分ぐらいチンして様子を見ながら10秒づつぐらいレンジにかけます。少し溶けかけのときにスプーンでまぜてみます。固めのほうがとろとろに溶けたものより扱いやすいと思います。

8

チョコクッキーの天板側の平らな部分に7のチョコをおさじで塗りつけます。何もつけていないクッキーをそこにくっつければ出来上がり。チョコがとろとろになりすぎたらクッキーを直接チョコにつけます。チョコがあちこちに着いたりしますがまあ・・・

9

写真

これがダイヤモンドクッキー。白い生地で作っていますが本当はチョコの生地で作るほうがきれいです。

コツ・ポイント

あまり生焼けっぽいものよりしっかり焼けたほうがおいしいと思います。チョコレートは溶かしすぎるとくっつけにくくなります。(出来ないことはありませんがそこらじゅうチョコが・・・)
炭酸は無しでもOKです。(ちょっとパリッと感が違うぐらいです)

このレシピの生い立ち

このクッキーの分量が作りやすくていつも作っています。
本当はドロップクッキー用なので少し柔らかめです。不思議なことに一度冷凍した生地のほうが軽くサクサクに焼けるような気がします。チョコやザラメをつけるだけでいつもと違った味になるのでお勧めです。
レシピID : 479745 公開日 : 07/12/26 更新日 : 07/12/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」