葡萄と胡桃のワインはちみつ漬け

葡萄と胡桃のワインはちみつ漬け

Description

ぶどうとワインとくるみとはちみつ。合わない訳がない!チーズとご一緒に更にワインのお供に。

材料 (1瓶)

ぶどう(今回使ったのはカスの果実)
2房分
りんご
1/4
ぶどうが半分浸るくらい
ウイスキー
15ml
くるみ
適当に
ぶどうとくるみが隠れるくらい

作り方

1

今回は自家醸造のワインもどき(もちろんアルコール1%未満)の残りカスの果実を使いました。普通の葡萄でもちろんOKです。

2

ワインもどきの残りなので甘い果汁が無くなっていますし、皮と種が実質残っている状態です。なので、すこしリンゴを加えました。

3

りんごは小さな角切りにして、葡萄とリンゴを鍋に入れる。それらが半分ちょい隠れるくらいのワインを入れる。

4

ウイスキーも入れる。そして弱火でくっつくっつ。蓋してね。どんどんりんごも柔らかくなります。

5

りんごが十分に柔らかくなったら、火を強めて煮詰めて行きます。混ぜながら。水分が無くなったら、保存する瓶に果実を入れます。

6

熱が取れたら、くるみを手で割りながら瓶に入れて行きます。もちろん包丁で切ってもいいんですが、洗い物が面倒だったので。

7

入れ終わったら、はちみつをどんどんと瓶に入れて行きます。

8

少し入れたら、箸一本でぐるりぐるりと混ぜます。はちみつを行き渡らせる感じ。

9

写真

混ぜてははちみつを加えて、十分にはちみつが全部にからまって、葡萄とくるみがはちみつで隠れるくらいになったら出来上がり。

10

チーズなどに乗っけて食べたいですよね〜・・・。

11

*自家醸造のワインですが、ぶどうを手で潰して、皮種と共に保存容器に入れます。(密封しない)(葡萄は洗わない方が良い)

12

そのまま、一日に何度か容器を振ったりなどして混ぜる。何日か経つとしゅわしゅわ発酵してくる。

13

発酵が進みすぎるとアルコール度数が高くなって違法になっちゃいます。しゅわってきたらすぐに網で濾して果実と果汁を分ける。

14

果実もスプーンなどで押して、しっかり汁をだしてあげる。

15

ちょっとスパークリングなぶどうジュースになっています。発酵してるのぱちぱちしていて楽しいですよ〜

コツ・ポイント

はちみつの殺菌作用は高い温度で無くなってしまうので、熱が取れてからはちみつを加えること。

このレシピの生い立ち

自家醸造のワイン(1%未満)の出たかすをワイン漬けにしようと作ったのですが、すっぱいぶどうだったのですっぱすぎたために、はちみつ漬けにしちゃおうと思いまして。結構上手く行きました。やったね。
レシピID : 4936372 公開日 : 18/02/13 更新日 : 18/02/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」