父の思い出の串団子。

父の思い出の串団子。
子供の頃、父が趣味で作ってくれた串団子を真似て作りました。
懐かしい思い出の味です。

材料 (3個一串で8本分)

140g
140cc
砂糖
大3
タレ用の砂糖
大3
醤油
大3
タレ用水
130cc
大1
大2
片栗粉用水
大1,5

1

ボールに白玉粉・水・砂糖を入れて、耳たぶくらいの柔らかさ・弾力が出るまでこねる。
3センチくらいの大きさに丸める。
それをたっぷりのお湯でゆっくり茹でます。

2

茹で上がったら、冷水にとりぬめりをとります。


お醤油ダレを作ります。
小鍋に湯を沸かし、醤油・砂糖・みりんで甘いタレを作り、仕上がり前に片栗粉の水溶きでとろみをつけます。固めのとろみの方がお団子に絡まり易いです。

3

コツ・ポイント

白玉粉だけを使うので、気軽に作れます。
こつは、タレをしっかりお団子に載るように作ること。

あんこでもゴマでもおいしく出来るでしょう。

このレシピの生い立ち

子供の頃、父が家庭で面白がって作っていた懐かしの味です。
・・父は「上新粉」で作っていましたが、白玉粉の方が断然簡単に出来ます!
ほぼ、父のお団子に近い味に仕上がったと思います。
レシピID : 497410 公開日 : 08/01/30 更新日 : 08/01/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」