【伝統料理】いもすりだんご

【伝統料理】いもすりだんご
ジャガイモを使った北海道ならではの素朴な団子です。汁物の具にも子どものおやつにもぴったり。(農林水産省)

材料 (4人分)

ジャガイモ
400g
~40g程度
砂糖じょうゆ
しょうゆ
大さじ1
砂糖
大さじ1(お好みで加減)

1

ジャガイモは皮をむき、おろし金でおろす。

2

おろしたジャガイモをふきんで包み、水気を絞る。このときに出る絞り汁は、ボウルに入れておく。

3

ボウルの底にでんぷんが沈殿したら、上澄みを捨てる。

4

水気を絞ったおろしジャガイモ、ボウルの底に沈殿したでんぷんを合わせてよく練る。

5

片栗粉を少しずつ加え、耳たぶの硬さくらいになるよう調整する。(片栗粉が多すぎると硬くなるので注意する)

6

だんご状に丸める。中央をややへこませると火が均一に通りやすい。

7

鍋に水(分量外)を入れて沸かし、沸騰したら、丸めただんごを入れてゆでる。
数分して浮いてきたら、網で優しくすくい上げる。

8

しょうゆと砂糖を混ぜたたれをかけてできあがり。

コツ・ポイント

片栗粉は、ジャガイモのでんぷん量により、加える量を加減してください。
冷えたいもすりだんをフライパンで焼くと、また違った味わいになります。
練った生地を薄くのばして、中に餡を入れて蒸すと、おまんじゅうにもなります。

このレシピの生い立ち

北海道農政事務所HP「北海道の伝統料理、伝統野菜を使った料理」で紹介しているレシピです。
詳しくはこちら:http://www.maff.go.jp/hokkaido/suishin/shokuiku/hokkaido_ryori.html
レシピID : 5270601 公開日 : 18/10/24 更新日 : 18/10/24

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」