あの日の豚の角煮

あの日の豚の角煮
祖母が昔作ってくれた思い出という調味料と一緒に。

材料

豚のバラ肉ブロック
パーにした手2個分位
大根
半分
6個
タレ
鍋1個分
2本
チンゲン菜
1本

1

写真

こんな大きな豚肉を調理出来るのか最初は不安でした。

2

写真

とりあえず、焼いてみました。

※これほどかというほど脂が出てびっくりしちゃった

3

写真

豚肉を焼きながら卵を茹でましょう。

※半熟だと殻をむく時に大変な事になるので注意

4

写真

その隙に切っておいた大根を土鍋に敷き詰めます。
そして、表面をほどよく焼いた豚肉を上に乗せます。

※大根は均等に

5

写真

しばらく経ち、豚肉を切るのを忘れていた事に気付きました。
急いですくい上げます。

6

写真

食べやすいサイズに切りました。
このタイミングで入れ忘れていた卵を投入しました。

7

そして、ひと煮立ちさせ茹でておいたチンゲン菜を添えて完成です。

コツ・ポイント

「チャーシュー」なのか「豚の角煮」なのか明確な目的意識が大事。
ちなみに、僕は作ってる途中からチャーシューだと思ってしまい危うくラーメンを買いに行く所でした。

このレシピの生い立ち

冬になると祖母が毎年ストーブの上で長い時間をかけて豚の角煮を作ってくれました。じっくり味のしみ込んだ大根と卵、そして、口の中で溶ける様な豚肉。窓の外の解け始めた雪を見ながら囲んだあの日の食卓。

おばあちゃん、角煮作ってみたよ!
レシピID : 5509651 公開日 : 19/02/16 更新日 : 19/02/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」