川俣菜の菜の花の茹で方

川俣菜の菜の花の茹で方

Description

川俣菜の菜の花はとても柔らかいので、軽く茹でるのがポイント。さっと茹でくぐらせる程度でOKです!

材料

川俣菜
適量
お湯
たっぷり

作り方

  1. 1

    写真

    暖かくなってくると、去年収穫しなかった株から菜の花が出てきます。蕾や新しく冬越しした葉っぱが甘くて美味しい!

  2. 2

    写真

    手でポキポキ折るように収穫出来ます。花が咲いても苦味もないので、食べられますよ~

  3. 3

    写真

    よく洗ってから、たっぷりのお湯でかるく湯がきます。30秒~1分ほど。すぐに茹で上がってしまうので注意!

  4. 4

    写真

    こちらの地域では、一食分づつ束にして湯でています。軽く絞って保存しておけば、常備菜になります。

  5. 5

    クセがないので、そのまま醤油で食べたり、胡麻和えでも美味しいですよ。

  6. 6

    写真

    菜の花サンド id:6734625

コツ・ポイント

生のままでも食べられるのですが、年配の方には抵抗があるようですので、一度茹でられるのをオススメします。菜の花の黄色を生かすためにも、さっと湯にくぐらせる程度で大丈夫です。

このレシピの生い立ち

川俣菜の新しい食べ方を模索しています。
葉だけでなく、菜の花も美味しい♪

川俣菜とは栃木県日光市栗山地域で育てている、伝統野菜です。
詳しくはこちら↓
https://kawamata-na.hateblo.jp/
レシピID : 6734610 公開日 : 21/04/14 更新日 : 21/04/14

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね