トマト・リゾット〜骨付き鶏モモ肉添え

トマト・リゾット〜骨付き鶏モモ肉添え

Description

トマトの中をくり抜いたものを器代わりに、骨付き鶏モモ肉と一緒にスープに浸してオーヴンでできる簡単リゾット♪

材料 (5人前)

骨付き鶏モモ肉(ドラムスティック)
5本
トマト
5個
1合
タマネギ
2分の1個
スープ・ストック
5カップ
ケチャップ
大さじ1
作り方参照
塩コショウ
少々

作り方

1

写真

米は洗ってザルに上げ水気を切り30分置いておく

2

写真

タマネギ、パセリはみじん切りにしておく

3

写真

フライパンにオリーヴ・オイル大さじ2分の1を熱しタマネギを入れ、透き通るまで炒めたら火から下ろし、室温まで冷ます

4

写真

トマトは上の部分を1センチほど切り落とし、スプーンで中身をくり抜き(内部に残る柱のようなデコボコも)

5

写真

芯の部分だけ捨ててボウルに入れ、硬い部分をスプーンで軽く潰したら3と米、パセリ、ケチャップ、塩コショウを加えて混ぜ合わせ

6

写真

トマトのカップに入れる(※ギュウギュウに詰めると調理時に米が膨れてトマトが破裂するのでふんわり8分目を目安に)

7

写真

骨付き鶏モモ肉は塩コショウを振ってオリーヴ・オイル大さじ1を熱したフライパンで表面にこんがりと焼き色を付ける程度に炒める

8

写真

耐熱器に6と7を並べ、スープ・ストック、塩コショウを加え、トマト・カップの中にもスプーンでスープをすくって注ぎ入れ

9

4で切り落としたトマトの上部で蓋をしたら耐熱器全体をアルミホイルで隙間なく覆い、200度に熱したオーヴンに入れ45分

10

その後アルミホイルを取り外してさらに15分調理したら出来上がり

コツ・ポイント

米は炊くというよりもトマト・カップの中で蒸す感じで、若干芯が残った美味しいリゾットに仕上がるはず。さすがにメイン・ディッシュとしては物足りない量なので、おもてなし料理の際にはコースの一皿として出すことをおすすめ♪

このレシピの生い立ち

ギリシャ系ユダヤ人の友達にご馳走してもらったのがとても美味しかったので、レシピを聞いてみんなにもご紹介。シドニー発行の日本語フリペ「月刊ジャパラリア」(www.japaralia.com)でもご紹介♪
レシピID : 6783542 公開日 : 21/05/16 更新日 : 21/05/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」