パヴロヴァ

パヴロヴァ

Description

長年オーストラリアとニュー・ジーランド人たちの間で「うちの国が本家本元!」と熱い議論が繰り広げられている伝説のデザート♪

材料 (4〜5人前)

卵白
4個分
キャスター・シュガー(なければ粉砂糖)
4分の3カップ
コーン・フラワー(なければ片栗粉)
大さじ1
大さじ1
大さじ4分の1
ひとつまみ
濃縮クリーム(thickened cream/なければ生クリーム)
2分の1カップ
砂糖
大さじ1
パッション・フルーツ(缶詰でもOK)
適宜
好みのベリー類
適宜

作り方

  1. 1

    写真

    卵白をフード・プロセッサーにかけ白く&硬くなるまで泡立て(容器を逆さにしても中身が落ちないくらい)

  2. 2

    写真

    ボウルに移しキャスター・シュガーを大さじ1程度ほんの少しずつ加えながらその都度、泡立て器を使ってよく混ぜ合わせ

  3. 3

    塩、酢、ヴァニラ・エッセンス、コーン・フラワーを加えさらによく混ぜ合わせ

  4. 4

    写真

    オーヴン・バットにベイキング・ペイパーを敷いた上に直径10センチほどの大きさに丸く落とし

  5. 5

    150度に熱しておいたオーヴンで約1時間焼き

  6. 6

    写真

    火を止めてオーヴンの中で自然に室温に冷ます(※焼き上がりはキツネ色などではなくほんのり色付いている程度)

  7. 7

    皿に6を載せ、真ん中をスプーンの背などで軽く叩き割るようにして少し凹ませ

  8. 8

    濃縮クリームと砂糖を混ぜて泡立てたもの、パッション・フルーツ、ベリー類の順に載せ、茶漉しを使って粉砂糖を振りかける

コツ・ポイント

キャスター・シュガーはグラニュー糖よりキメが細くて、粉砂糖より粗い砂糖だけど、なければ粉砂糖で代用できるし、果物も何でも合うよ♪

このレシピの生い立ち

日本ではメレンゲはあまり馴染みがないみたいだけど、サクッとした優しい食感をぜひ家庭で再現してほしくて。シドニー発行の日本語フリペ「月刊ジャパラリア」(www.japaralia.com)でもご紹介♪
レシピID : 7200624 公開日 : 22/05/14 更新日 : 22/05/14

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね