バレンタインに❤基本のトリュフ、苺、抹茶

バレンタインに❤基本のトリュフ、苺、抹茶

Description

500人以上の皆さまに感謝♡「外パリっ、中やわ~」ラム酒の効いた基本のトリュフ、苺トリュフ、抹茶トリュフ等アレンジも♪

材料 (各10個分)

①基本のトリュフ
スウィートチョコレート
50g
ラム酒
小さじ1
②カフェ(ほうじ茶)トリュフ
スウィートチョコレート
50g
インスタントコーヒー(orほうじ茶パウダー)
小さじ1弱(小さじ1/2弱)
ラム酒
小さじ1
③いちごトリュフ
ホワイトチョコレート
50g
フリーズドライ苺(粒状と粉状)
各4gづつ
ラム酒
小さじ1
④抹茶トリュフ
ホワイトチョコレート
50g
抹茶
小さじ1
ラム酒
小さじ1
仕上げ用コーティングチョコ
スウィートチョコレート(①②用)
70~100g
ホワイトチョコレート(③④用)
70~100g
トッピング用ココア、ナッツ等
適量

作り方

  1. 1

    製菓用のスウィートチョコ200gとホワイトチョコ200gを購入。
    それぞれ包丁で粗くきざんでおく。

  2. 2

    【ガナッシュ作り】
    ①基本のトリュフ。耐熱ボウルにきざんだチョコを50g計量し、生クリームを入れ、レンジにかける。

  3. 3

    「一部が溶けはじめたらすぐに」取り出し、ゴムべらで粒がなくなる程度に混ぜ、最後にラム酒を加え混ぜる。

  4. 4

    ボウルを氷水につけてさらにヘラで混ぜながら、やわらかめのピーナツバター状の固さになるまで冷やす。

  5. 5

    スプーンで10等分にすくい、バットに並べる。丸めやすい固さになるまで冷蔵庫でさらに10分以上冷やす。

  6. 6

    粘土状に固くなったら、丸めます。最初は指先でつまむように。(途中で整形しずらいようなら、そのつど冷蔵庫で冷ましながら)

  7. 7

    キレイに丸まったら、30分程度冷蔵庫へ入れ、冷やしておく。

  8. 8

    ②、③、④のトリュフも同じ手順で丸め冷やしておく。
    【↑ここまであらかじめやっておくと後が楽。】

  9. 9

    【仕上げ】
    コーティング用スウィートチョコを小さめのボウルに入れて湯せんで溶かし、①と②のガナッシュをくぐらせる。

  10. 10

    写真

    コーティングして表面がまだ固まりきらない内に、ココアや砕いたナッツの中でころころ転がしてトッピングします。

  11. 11

    写真

    同様に、ホワイトチョコレートを溶かし、③と④をコーティング。オーブンシートをしいたバットにのせ、好みのデコをして完成。

  12. 12

    写真

    また、コーティングが固まってから、余った別色のチョコ(若しくはデコペン)をパラフィン紙のコロネに入れてデコをしました。

  13. 13

    【コツ】コーティングするときは、フォークの先にガナッシュボールをのせて。オーブンシートを敷いたバットの上に乗せて乾かす。

  14. 14

    写真

    苺トリュフの断面です。

  15. 15

    写真

    抹茶トリュフの断面。

  16. 16

    写真

    必ず余るコーティング用のチョコは、グラノラやコーンフレーク、ドライフルーツと一緒に固めてクランチにしています。

コツ・ポイント

仕上げのチョコは、余裕があればテンパリング(湯せんにかけ50℃で完全に溶かし、ボウルを氷水にあてて28℃程度までいったん冷やしたのち、再度湯せんにかけて30℃めどに温める)すると表面が綺麗です。温めすぎはNG

このレシピの生い立ち

10代の頃から、ほぼ毎年バレンタインでつくっていたトリュフです。
レシピID : 733598 公開日 : 09/02/13 更新日 : 22/02/12

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

570 (498人)
写真

2022年2月16日

簡単でずっとリピしてます❤︎

写真

2022年2月16日

もう何年もこちらのレシピでトリュフを作らせてもらってます♪苺がとっても美味しくて1番好きです〜!!

写真

2022年2月16日

簡単で美味しいトリュフです!

写真

2022年2月13日

不慣れで時間かかったけど、工程は簡単で楽しかったです!家族にも喜んでもらえました♪

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね